Prosciutto e formaggio ... e calcio(仮)

イタリアのサッカークラブ・パルマを応援する方向にはあるはずのブログ

Convocati(Campionato - Sambenedettese)+Commento(F.Moriero)

2016-10-01 01:02:17 | パルマ・情報関連
▽第7節・招集者
Sambenedettese戦の招集メンバー22人は以下の通り。
Portieri…M.Coric、A.Fall、K.Zommers
Difensori…M.Benassi、M.Canini、D.Garufo、A.Lucarelli、M.Messina、L.Nunzella、G.Ricci、L.Saporetti
Centrocampisti…F.Corapi、D.Giorgino、C.Miglietta、M.Scavone、L.Simonetti
Attaccanti…Y.B.Baraye、E.Calaio、F.Evacuo、M.Guazzo、D.Melandri、M.Nocciolini


故障のためにMazzocchi(C)Coly(D)が外れている以外は概ね遠征リストに名を連ねた。
Sambenedetteseには元ParmaのFerrario(D - Samb)が所属しているが、土曜日は怪我のため出られない。
なおこの試合ではFrancesco Fournaeu(Arbitro)が笛を吹くことになっている。
[Poscritto]Ferrarioは怪我から回復していて、試合にも出られそう…とのこと。






▽今夏の談話より。
7月第2週前半のF.Moriero(Allenatore - Ex Catania)の談話より。
あなたは約2年に渡ってD.Garufo(Difensore - Catania)を指導してきた。Garufoはこの夏に移籍する可能性が高いと
考えられているが、彼はどんな選手なのか-
選手としての技量も優れていますが、プロフェッショナルと呼ぶにふさわしい
選手でもあります。移籍が実現するとして、彼を獲得するクラブは大きな利益を得るでしょう。戦術的観点からは“古典
的なTerzino Destro”と定義出来ますが、スピードに乗った攻撃参加と正確にパスを繋ぐ能力も持ち合わせています。
精度の高いキックはクロスの局面でも効果を発揮しますよ。CataniaではPunizioneを担当しているほどです。また優れた
"personalita"の持ち主である点も付け加えましょう。十分にSerie Bでもやっていけるだけの実力を備えている選手で、
今後彼がLega ProのCampionato優勝を目指すような規模の大きなクラブでプレーしていても何の不思議もありません」

話を続けて- 昨季のCataniaが最終節でようやくLega Pro残留を決めたのは事実ですが、Cataniaが(八百長問題の
処分で)大きな減点処分を受けてのスタートになったことも考慮されるべきです。影響は少なからずありました。それでも
私にとってGarufoのような選手がいたことは幸運でしたね。常に彼を起用し続けたのは“偶然”ではありません。指導者の
立場からは『こんな選手がいてくれればいいのに』と願うような選手です。Cataniaの終盤の“追い込み”にも貢献しました」

今季のLega Proをどう展望するのか?- どのクラブにとっても非常に厳しい戦いになるでしょうね。もっとも、Serie Bへ
到達するのはどの年であっても容易いことではありませんが。ParmaとVeneziaはLega Proを“通過点”と位置づけ、夏の
Mercatoでも積極的に動いているようです。しかし彼らは用心しなければいけません。どの夏にも高い目標を掲げ多額の
投資をしてSerie B昇格を目指すクラブが少なからずありますが、そのほとんどは失望と共に最終節を終えているのです」

それでは、あなた自身の今後については。何故Cataniaに残らなかったのか?- 旧経営陣との間では『引き続き私が
指揮を執る』ということで合意していました。Campionato終了の数週間後の話です。しかしその後状況が一変しました。
ある意味では当然のことかもしれませんが、新経営陣はまったく別の選択をしたんです。私はCataniaでの自分の仕事に
満足しています。就任した時は『どうしたものか?』と思うほどの困難に直面していましたから。Cataniaは長い間上位の
カテゴリーに所属してきましたが、人々はLega Proでも熱心に声援を送ってくれました。私はこれから違う道を歩くことに
なります。真剣に強化に取り組んでいるクラブで働きたいですね。今はまだ具体的な話はないですが、今後への不安は
ありません。何故なら、大概のクラブは開幕前や序盤戦では『若い選手の成長に期待している』と言いますが、試合を
重ねるごとに目の前の勝利や残留が何よりの重大事になるからです。その時には私の力が必要とされるはずですから」

Inghilterraへ渡ったA.Conte(All. - Italia→Chelsea)にように国外で働く可能性はないのか?- Svizzeraからの打診は
ありました。LuganoとChiassoからです。ただ私を納得させる内容ではありませんでした。今は“待つ時期”だと思います」
ジャンル:
サッカー
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Commento!(M.Antonelli、L.... | トップ | Mercato(074:Notizie、Giug... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

パルマ・情報関連」カテゴリの最新記事