ghrgarq

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

IT 企業の多くが2010年後半を楽観視

2017-06-15 21:18:58 | 日記





2011年には景気が二番底に陥るとの観測もあるが、IT 業界団体の Computing Technology Industry Association (CompTIA) の調査によると、当面の IT 支出は見通しが明るいという。調査対象となった IT 企業のうち6割が、2010年第3四半期と第4四半期の売上について、上半期をかなり、あるいはほどほどに上回りそうだと回答している。

2010年5月から6月にかけて、ビジネス信頼度指数 (BCI) は1.4ポイント下落したが、CompTIA の調査パネルは、向こう半年で BCI が5.4ポイント上昇すると見込んでいる。

CompTIA の調査担当バイスプレジデント Tim Herbert 氏は、声明の中で次のように述べている。「IT 企業の経営陣は依然として、ハイテク業界あるいは自社の今後について、まずまずの自信を持っているが、米国経済の安定性に関する懸念は拭いきれていない。今回の調査結果は、ある意味『2歩進んで1歩下がる』といった心境を表わしている。明るいニュースや動きの次には予想もしなかった悪いニュースが続き、経済状態について悲観的な見方が再び頭をもたげてくる、という状況だ」

景気回復の遅れに不安を抱いている企業は、2009年12月の58%から2010年6月には46%になった。消費者需要の低迷に不安を感じている企業も、56%から40%にまで減っている。また、資金融資や資本調達に対する不安を抱える企業も、41%から26%にまで減少した。

2008年の終わり頃から2009年末にかけてほとんど動きのなかった IT 支出も、2010年は上昇に転じると CompTIA は見ている。

CompTIA の調査報告でさらに希望が持てるのは、最新の BCI 調査で、従業員数を増やす意向のある企業が7ポイント上昇していたことだ。これはつまり、37%の IT 企業が今後半年のうちに雇用の拡大を考えているということだ。失業率はしばらく前から非常に高い水準にあり、経済問題の中でも最も難しい問題になっていた。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 超あまずっぱい! 高校時代の... | トップ | ポスコ7~9月期の営業利益 ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。