ggjyty

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

気になることといえば、指紋認証機能

2017-06-13 11:41:36 | 日記
いい話ばかり聞きますよね。

2016年3月に登場した「iPhone SE」は、上質なデザインと手頃なサイズ、それに比較的安価で日本でも人気。
シャネルiphone7ケースそんな人気を裏付けるように、同スマートフォンが米消費者満足度指標の2017年5月のデータでトップの座を勝ち取っているんです。

【画像】顧客満足度がiPhone 7、Galaxyを抜いてトップに

ASCI(American Customer Satisfaction Index)と略されるこの指標では、12カ月にわたって、3万6194人の消費者にインタビューを実施。
グッチiPhone7ケースそしてコメントなどを点数化したものです。以下に9to5Macが紹介しているトップ10の順位を引用しますが、登場するのはiPhoneとGalaxyばかり。
ヴィトン iphone7ケースそりゃ2つのスマートフォンが世界を制するわけです。

1 iPhone SE      87/100
2 Galaxy S6 Edge+  86/100
3 iPhone 7 Plus   86/100
4 Galaxy S6 Edge  85/100
5 Galaxy S7      84/100
6 Galaxy S7 Edge  84/100
7 iPhone 6 Plus   83/100
8 iPhone 6s Plus   83/100
9 iPhone 7     83/100
10 Galaxy Note 5   82/100
お、これは確定か!?

次期iPhoneこと「iPhone 8」で気になることといえば、指紋認証機能「Touch ID」の搭載場所。
グッチiPhone7ケース背面に搭載されるという情報もあれば、ディスプレイに内蔵されるという噂もあります。しかしiPhoneの頭脳ともいえる「Aシリーズ」プロセッサを製造しているTSMC経由の情報によれば、どうやらTouch IDはディスプレイに統合されることになりそうですよ!

Touch IDがディスプレイに統合されたら…【画像】

MacRumorsが引用しているEconomic Daily Newsの報道によれば、“Apple(アップル)がディスプレイ内蔵型Touch IDの実用化に成功した“とTSMCの関係者が認めたとのこと。
シャネルiphone7ケースこれまでいくつかのデザイン候補があったものの、最終的には光学センサーによる画面上の指紋認証を可能にしたようです。

これが事実であれば、iPhone 8からは物理ホームボタンがなくなることになります。
ルイヴィトンiphone7ケースさらに、報道によれば「赤外線イメージセンサーと高画素カメラを組み合わせ、AR(拡張現実)機能も実装される」とのこと。やや、とうとうiPhoneもAR分野に名乗りを上げるということですね! 報道が本当であれば、どんなサービスやアプリが登場するのか楽しみです。
coachコーチiPhone7ケース

その他に報じられている内容としては、虹彩認証や顔認証などの追加の生体認証機能の可能性、それに画面比率が従来の16:9から18.5:9になること。この画面比率は「Galaxy S8」と一緒ですね…。
グッチiPhone7ケース今年の年末商戦では、iPhone 8とGalaxy 8によるガチンコ勝負が繰り広げられることになりそうです。
現在スマートフォンメーカーは毎年高性能/高機能なスマートフォンを投入し、その価格は上昇傾向にあります。
ゴヤールiphone7 ケースしかしiPhone SEがこのように素晴らしい評価を得たということは、スマートフォンの価値はスペックや多機能なことだけではない…ということを物語っているようですね。あまりスマートフォンに詳しくない人におすすめの端末を聞かれたら、私もSIMフリーのiPhone SEを勧めると思います。
シャネルiphone7ケース

なおApple(アップル)は今年、全く新しいデザインに生まれ変わった「iPhone 8」を投入すると噂されています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | 約10年が経過しているだけに... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。