道端に生える草

矛盾に感じること、常識が、非常識に思えること、将来こうあってほしいことなどつづってみたい。

友は、いいものである。

2017-05-20 18:40:04 | 日記
ミミズのAと、毛虫のBは、友達である。Aは、ナィーブと言うより、気が弱すぎるぐらいである。そこで、Bは、Aに、自分の体の毛をやって、胸につけるように言った。Aは、言われるままにした。すると、Aは、急に、度胸が出てきた。肝っ玉ミミズになった。Aは、気の弱いことが、災いして、営業成績は、いつも。ビリッカスであった。それが、急に、トップセールスマンに変身したのである。弱点を、他の事でカバーしていたのに、その弱点を、克服できたからである。そして、アポも取らずに、初対面の者にまで、飛込する様になった。すると、モグラが、客で会ったのだ。Aは、あえなく、食べられてしまった。せっかくのBの好意が、痣になったのである。図に乗ると、ろくなことはない。、
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 変化を知ることは、難しい。 | トップ | 進化の途中経過 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。