GOの解説部屋~素人の視点から政治を語ります~

政治家志望の端くれとして、出来る限り多くの方に政治に興味を持って頂けるように解説します。

やりたい放題の北朝鮮に対して日本はこのままで良いのか?

2017-02-20 19:10:10 | 政治
この数日間でミサイルを撃つ、暗殺をする(まだ確定ではないが)という感じで北朝鮮が無茶苦茶しております。

個人的には金正男氏暗殺事件の方が興味はあるんですが、半分はワイドショー的な要素も入ってますので、ここではミサイル問題について論じてみたいと思います。

2/12に日本海に向けて撃ち込まれたミサイルは「北極星2型」というもので、北朝鮮としてはかなり新しい技術が使われています。

まずは1つめに車両搭載型の移動可能な発射台から撃つ事に成功した事。

2つめに圧縮された気体の圧力で空中に浮かせてからロケットエンジンを起動させての発射に成功した事。

3つめにこれまで注入に時間がかかる液体燃料を使っていたところを、個体燃料の使用に成功した事。

以上3つの技術が組み合わさる事でいつどこからミサイルが発射されるかが非常につかみにくくなったようです。

1と2については応用すれば潜水艦からの発射が可能になりますし、3についてはミサイル発射の兆候が察知されにくくなります。

ここまで来ると日本をミサイルから防衛する事が難しくなってくる上に、アメリカにまで北朝鮮のミサイルの脅威が及ぶ事になります。

アメリカ側が日本に防衛力強化を求めるのは当たり前の事です。

さて、日本では国防についてどのような議論がされているんでしょう?

野党側から出てくるものは「南スーダンのPKO活動において自衛隊員の犠牲者が出たら総理は責任を取って辞任するのか?」とか「沖縄の米軍海兵隊はグァムに戻ってもらうべき」なんて程度の低い的外れな議論がされています。

戦後70年あまりの平和な日本というものは憲法9条と日米安保に守られてきたという見解は否定しませんが、憲法9条が時代の流れについて行っていないという事は自明の理です。

現行の憲法では自衛隊は北朝鮮のミサイルが発射される兆候を察知しても、そこを攻撃する事は出来ません。アメリカにやってもらうしかないのですが、アメリカも日本を守るためだけに大きな犠牲を払うとも思えません。

それどころか、その兆候を見つける事さえ難しくなってくるという事実に対して、憲法9条は二周も三周も遅れてきている感があります。

「攻撃は最大の防御」という言葉がありますが、防御のための攻撃というものを認めないと日本という国は守れないところまできているのです。

そしてある程度自分達の身を守る体制を整えてこそ、アメリカも日本の防衛に力を貸してくれるはずです。

これからトランプ政権が日本に防衛予算の増額を求めてくるはずですが、ここぞとばかりにさも要求を受け入れたかのように、アメリカの戦闘機やミサイルを買って差し上げ、防衛力強化と米軍との連携強化という2つの果実を手に入れるべきではないでしょうか。


安倍総理が目指す憲法改正はどうやら「教育の無償化」から手をつけられる道筋が見えてきました。それ自体は喜ばしい事です。

しかしながら「9条改正」も喫緊の課題です。

敵基地攻撃能力を持ってもすぐに戦争になるわけではありません。

むしろ北朝鮮からするとやり返される恐れがあれば、ミサイルを日本の領土に撃ち込む事など容易には出来ません。

「抑止力」を米軍だけに頼るのではなく、自らもそのような能力を備える事によって、より「抑止力」が高まります。

ここでは北朝鮮の話だけをしましたが、中国も恐ろしいスピードで軍拡をしており、現実的にアメリカを凌駕する未来がそう遠くないかもしれないと言われております。

いつまでも戦争から逃げていても、どんどんそれは近づいてきている現実があります。昨年は21発のミサイルが日本海に撃ち込まれ、そろそろ日本国民は慣らされてしまって脅威を忘れているのではないでしょうか?それらにしっかりと向き合う気概を安倍総理始め政治家が見せて欲しいと願います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« これがメディアの情報操作だ... | トップ | プレミアムフライデーを批判... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (松井大祐)
2017-02-25 15:13:16
こないだまで韓国一色のニュースが政男さん暗殺以来一気に北朝鮮にメディアの矛先が変わりましたね。自分の権力のために叔父や兄をも簡単に殺してしまう若造が核兵器のボタン握ってるんですね。恐ろしい事です。自分の権力の座が危うくなったり命の危機が近付くと自暴自棄になって破滅願望を実現させようとするかもしれませんね。日本は戦前から朝鮮半島の動乱のたびに安全保障を脅かされ、その都度派兵を余儀なくされ、朝鮮半島の非武装中立を後押ししましたが、ことごとく裏切られやむなく朝鮮併合に至りました。安全保障のためには併合は不可欠だったのです。なのに今の国会の議論は戦闘か衝突か、過去の日誌に戦闘と書いてある!と民進党が口撃すれば民主党政権の時の日誌にも戦闘発生と書いてあったり、領海侵犯や、ミサイル撃ちまくってる近隣の国がそばにいるのに緊張感が全くないですね。いやー、日本は平和ですねー。日露戦争に負けなくてよかったですねー、感謝してくださいよ、サヨクの皆さん。9条改正もせめて第2項くらいは早急に変えてほしいですね。自衛隊の存在は9割くらいの国民が納得してるでしょうから。トランプ旋風のおかけで世界中が民族主義に目覚めてますからね。日本もドサクサに紛れてどんどん右傾化してもらいたいですね。
ダイスケさんへ (gharada5000)
2017-02-25 18:29:24
「ドサクサに紛れてどんどん右傾化」というのは現在進行形で安倍さんが気づかれずにやっているように感じますよ。
なんせサヨクの自爆が多いので黙っていても左側は劣勢になります。

日露戦争に日本が負けていたらって考えた事がなかったけども、世界の秩序は全然違うものになってたでしょうね。

東アジアは共産主義でその他のアジアは未だに欧米の植民地みたいな。

そう考えると大日本帝国の存在意義はとても大きかったという事になります。

コメントを投稿

政治」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事