GOの解説部屋~素人の視点から政治を語ります~

政治家志望の端くれとして、出来る限り多くの方に政治に興味を持って頂けるように解説します。

議員年金などとまだ言ってるのか!あんたら本気か?自民党。公明党、お前もか...

2017-12-06 22:05:34 | ニュースのポイント
どうやら本気で議員年金復活の法案が提出される流れになるようです。

本日のニュース記事がこちら。

https://news.goo.ne.jp/article/jiji/politics/jiji-171206X443.html

よく読んでみると議員年金とは書いていない。地方議員が厚生年金に加入できるようにしたいらしい。

議員年金とは違うようだが、議員の報酬を負担する自治体が年金保険料の半分を負担するようになる事には間違いないようです。

なんか姑息なやり口ですよね。

これで少しオブラートに包んだつもりなんだろうか?

こんな事をするなら国民年金も国か自治体が半額負担する事にしたらどうだろう。だったら誰も文句は言わない。もちろん財源は政治家が責任を持って見つけること!天下りに切り込むか、配当益への課税強化くらいを僕から提案しときますよ。

さて、ニュース記事の後半部分がツッコミどころ満載なので引用してみます。

地方議員が加入できる年金制度は現在、兼業の議員を除けば国民年金のみで、担い手不足の深刻化が指摘されている。自民党の森山裕国対委員長は会談後、記者団に「生活が担保できないと、なかなか挑戦できない」と語った。

地方議員の担い手不足って国民年金しかかけられないからなのか?そんな事ではなくて公職選挙法が新人の立候補をしにくいようにハードルを上げてるからではないのか?選挙に金も人手もかかるようにして。

もしくは悪巧みばかりの政治家のイメージが悪いからではないのか?

生活の担保の仕方ってもっとあるんじゃないか?そもそも都道府県や政令市・中核市の議員は大企業の部長・課長並みの報酬があるが?

たしかに規模の小さい市や町村では生活と議員活動が出来るだけの報酬は無いかもしれない。だったらそこをピンポイントで手当てするような政策は考えられないのか?

今回の対象が地方議員とされており、国会議員が外れているのは単なるにおい消しでしかないでしょう。国会議員まで含めると国民の反発が出るから。

しかし、実際は地方議員本人たちのためと言うよりは国政選挙の際に国会議員の手足となって働く地方議員にアメを与えているようにしか思えない。

こんな事をして自民党の議員たちは地元の支援者たちに説明を求められたら何と答えるんだろうか?

公明党は国民の声に敏感な政党だと思っていましたが、やっぱりあんたたちも既得権益側の集団なのか?

先日、菅官房長官が維新の会の政策である電波オークションに対して前向きな発言をしていた。

もしかして、これって維新の会に対して電波オークションと議員年金のバーターに持って行こうとしてるのか?

そもそも安倍総理や菅官房長官は議員年金に関してどう考えているのか?賛成しているのならがっかりだ。他のバカ議員の圧力が強いから仕方なくって事であるのを願うばかりだ。

議員年金に関しては維新の会が反対しなければ他に反対する政党は無いので、すんなりと国会を通過してしまうだろう。

どうする?維新の国会議員団?



最後は?ばかりになってしまいましたが、身勝手な政治家が自民党や公明党にはたくさん居るという事実を皆さんに再認識して頂きたく投稿させて頂きました。

自分にはあまり関係ないと思っている人たちが投票に行ってくれないと、このような政治家の暴走は止められないのだという事も認識して頂きたく存じます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

希望の党が勝ったら誰が総理になるのか問題。小池百合子は隠し玉を持っているのでは?

2017-10-06 00:21:56 | ニュースのポイント
僕は一貫して小池百合子さんが都知事を辞めて衆議院選挙に立候補するような事にはならないだろうと思っていましたが...

心の奥底で0%では無いとも感じておりました。

昨日の投稿にも書きましたが、どうも観測気球を上げては国民の反応を見て進む道を決めているように思えてならないからです。

そして今日の前原誠司氏との会談後に会見があると聞いていたので注目しておりました。

出てきたニュースがこちら。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2017100500814&g=pol

やはりこれまで通りきっぱりと出馬を否定しております。

それでは過半数の議席を狙うからには、目標が達成された場合に誰を総理大臣にするのかを決めておく必要があります。

記事によれば選挙後に判断すると言ってますが、それでは国民の支持は広がらないでしょう。

若狭勝さんには荷が重過ぎるし、細野豪志さんや前原誠司さんでも国民の注目は得られません。

このまま選挙に突入しても、数を揃えるだけでは過半数は取れません。何かもうひとつインパクトのある仕掛けが無いと...

そこで思ったのが、もしかして小池さんは隠し玉を持っているのでは?という事。

しかしながら小池さんが立候補するくらいにインパクトのある候補者って誰がいるのか?

こちらも幾度となく立候補のうわさが出る橋下徹さん。もちろん日本維新の会からの立候補で希望の党と連立という手段がありますね。

そしてまさかの小泉純一郎元総理。一度断られているようですが、小泉さんなら突風を起こせるかもしれませんね。

もしかしたら政治家経験ゼロの総理候補なんてのもあるかもしれません。映画やドラマの世界ですけど。

例えば、王貞治さんや北野武さんならかなり尊敬を集めている人物ですよね。王さんは年齢的に苦しいですが。

ユニクロの柳井さんや京セラの稲盛さんなんかもアリでは?

最後の部分はお遊びとして、小池さんはもう一つのサプライズを持っている気がしてなりません。

それが無いようなら過半数を取るというのはハッタリで、この選挙で足場を固めてから、もう一つ先の総選挙で満を持して自ら立候補する腹積もりなのでは推察します。

まさかこれで手詰まりって事はないでしょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シー・シェパードが日本の捕鯨船にちょっかい出すのを止めたそうです。その裏には...

2017-08-30 21:55:48 | ニュースのポイント
最近ニュースなどで見かけないと思っていたらそういう事になっていたんですね。

まずはこちらのニュース記事をご覧ください。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170829-00000008-jct-soci

この記事で注目するのは以下の一点のみです。

日本でテロ等準備罪が施行されたことにより、活動の継続が難しくなったとコメントしている。

あれだけ反安倍の人たちが騒いで、邪魔された挙句に通った法律がこんなところで役立ってるんですね!しかもまだ施行されて2ヶ月足らずで。

「特定秘密保護法」の時も反安倍の人たちは「国民の知る権利ガー」って騒いだけれど、施行から3年近く経って何か不都合があったのでしょうか?

確かに多少は知る権利が制限されたかもしれませんが、特定秘密保護法の施行で一番困ったのは仮想敵国である中国や北朝鮮である事は間違いありません。

メディアの報道が偏っているので、安倍総理は悪者だと思わされている国民がたくさんいるのだろうと思いますが、数年後・数十年後に歴史となって証明されるでしょう。

特定秘密保護法もテロ等準備罪も集団的自衛権の限定的行使も、あの時に手当てしたおいた安倍晋三という総理大臣はよくやったという評価がなされるはずです。

その時に安倍ギライで批判ばかりしていたコメンテーターがどの面下げてテレビに出るのか楽しみです。

このニュースが報道ステーションやニュース23でどのように取り上げられるのか、もしかしてスルーされるのか...注目です。いや、僕は観ませんよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

横浜市保土ケ谷区による投票率向上のための施策。東京新聞もたまには良い記事を書くようです。

2017-07-24 22:16:37 | ニュースのポイント
これは素晴らしいと思ったので紹介させて頂きます。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/list/201707/CK2017072402000152.html


普段から僕がよく批判の的にしている大手メディア。その中でも朝日新聞や毎日新聞をやり玉に挙げる事が多いのですが...
この二紙よりも左寄りと言われる東京新聞の記事を今日は賞賛させて頂きます。

僕が批判するのはどんなニュースを取り上げて、どんなニュースなら取り上げないのかという点ですので、こういう事例を記事にする事は評価して差し上げたいと思います。

これはある意味一石二鳥の施策で、子育て世代が投票に行きやすくなるのと、その子どもが将来投票に行くようになる確率が高くなるという事ですよね。

そう考えるとキッズに限定せずに中学生も別枠で対象にして、給食について聞いてみたり、学校の設備について聞いてみたり。

それを行政サービスに反映させれば、またまた一石二鳥となります。

みなさん投票に行きましょうと触れ回っている立場としてはとても参考になる、何かのきっかけにできそうな記事でした。

そういえば大津市では子供を連れて行くといつも風船をくれます。これも投票率向上を意識した施策なのかもしれません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昨日の選挙について。思うところを記してみます。

2017-07-03 21:25:06 | ニュースのポイント
日本では毎週のようにどこかで選挙が行われているのですが...
昨日は東京都議会議員選挙と兵庫県知事選挙という地方選挙としては有数の規模の選挙が執り行われました。
他にも日本各地で選挙があった事とは存じますが、この二つの選挙について思うところを記してみます。

まず東京都議選ですが、思いの外の自民党の大敗と都民ファーストの会の大躍進が投票終了とともに報じられていました。

それを見ながら考えていたのは、小池知事はこの1年間で何が出来たのか?風呂敷を広げるばかりで実は何もしてないじゃないか?それどころかオリンピック問題や市場移転問題を引っ掻き回して混乱させているようにすら見える。

そんな小池知事が率いる上に新人議員ばかりの都民ファーストの会に何も出来るはずはないじゃないか?

メディアの宣伝に乗せられて都民は判断を間違ったと思いましたし、テレビを見ながらボヤいておりました。

しかしながら一晩おいてよくよくいろんな情報に触れ、改めて考えてみると「じゃあ、他の選択肢があったのか?」という疑問にぶち当たりました。

今回メディアに無茶苦茶に叩かれた自民党と離党者続出で滅亡の危機を迎えた民進党にこれまで投票していた人たちの次なる受け皿がどこにあったのか?

共産党や公明党には固定票がありますが、その逆に絶対入れたくないという人もかなり存在しています。

日本維新の会の末端の関係者として、維新の会が受け皿になって欲しいところですが、関東ではそのような力は無いようです。(関東の維新関係者の皆さん、生意気言ってすみません)一番まともな事をやっていて、一番まともな事を言っている自信があるだけに悔しいですが。

余談ですが築地市場の土壌汚染のデータを明るみに出して豊洲移転へのきっかけを作ったのは維新の会の足立康史代議士の質問がきっかけです。小池知事は認めないでしょうが、データが出てきたその日に豊洲移転の記者会見が行われているのが何よりの証拠です。維新の会は東京でもいい事やってるんですよ。

話を戻しまして、維新の会が受け皿になれないとなると自ずと受け皿は都民ファーストになってくるんですよね。

もう一つ僕の至らないところは公約も読まずに都民ファーストに対して懐疑的な事を言っていたところ。

今日のとあるラジオ番組で都民ファーストの公約の中に都の外郭団体や管理団体の見直しをするというものが入っている事を知りました。

要するに天下りや天下り団体には厳しい目で対処しますよという事でしょう。

これまで小池知事はそのような発言(公務員改革をするという発言)をした事がなかったはずです。

遡れば、小池氏の就任当初は当ブログでは期待しているような投稿をしておりました。

しかし公務員改革が出来ないと分かったところで批判に転じております。

新しい地域政党の出現で知事を支持する議員が過半数を超えたという事は橋下知事時代の大阪府と同じ状況になったわけで、本気で改革をする気になってくれれば都政が大きく動く可能性があるんですよね。

東京都民の中には積極的に都民ファーストを支持した人と、投票先がないので仕方なしの支持をした人、様々でしょうが、受け皿になった事実は認めないといけません。日本は民主主義の国のですから。

という訳で、小池知事と都民ファーストの会を批判的に見ていた事を反省して、謙虚にこれからの動きを注目していこうと思います。


そして兵庫県知事選はというと、残念ながら期待していた勝谷誠彦氏は落選でした。

94万対64万を大差と見るかよく頑張ったとみるかは人それぞれでしょうが...

勝谷氏の毎日の配信日記を購読している人間として世間にあまり流れていない情報を発信したいと思います。あくまで情報源は勝谷氏の発信ですので信じるかどうかは読んだ方次第という事にして下さい。

今回当選した現職の井戸知事は4期16年知事をやってきて、簡単に言うと部下である公務員や行政の関連団体や出入りの業者などをかなりの割合で掌握していたようです。

特定の候補に関わってはいけないはずの役所の職員が名札をつけたまま井戸氏の選挙ポスターを貼っていた事例や、勝谷氏が講演会のために借りていた会場が井戸氏側の圧力で断られた事例など、選挙違反(スレスレ)の行為が横行していたようです。

そういえば知人がFacebookで井戸氏の批判をしていたら割って入ってきた見知らぬ人が二人もいたそうです。もしかしたらSNSで井戸氏の批判をする投稿を見つけては火消しする部隊があったのかもしれません。これは僕も見たので間違いない事実です。

そして極め付きは嫌がらせ。街宣中にケンカを売ってくる輩がいたとか?もちろん候補が手を出したら終わりですから。井戸氏陣営の差し金とは限りません、もしかしたらただの目立ちたいチンピラかもしれませんが。最後に勝谷氏の今朝の配信日記を少しだけ引用してみます。以下の青字です。

20時のマイク納めを前に私は演説をしていた。握手に入った。すると耳元で囁くひとがいる。「部落についてはどう思うんや」と。ああ、いいなあ、落選するともとにもどってこんなことも書ける。いまでもちょっと自分に何か検閲が入っているのですよ。いい、いい。いつものこの調子に戻ろう。
 「大切ですよ。でもまだ不勉強なので、これから考えて行きます」と答えた。するとそのひとは「このヒトは部落問題について何も勉強してへん。不勉強やといいはったで」と叫びはじめた。しまった、ひっかかったかとはすぐにわかる。アッチのひとたちの罠にかかったのだ。とはいえ、まだ投票前である。今ならこのやろう、クソミソに書きたいところだが、まだちょっと余韻がある。あと数日、いいヒトかも知れない。このやろクソ、兵庫県民とは言わない。創価学会は凄いなあとも言わない。投票日が過ぎて、すこし、ああ。
 起きたことを。そのヒトは選挙カーの前で「このひとは部落について知らんと言うたんですよ」とわめきはじめたのである。わが精強無比なスタッフは蒼きシャツでその前に入ってくれた。大騒動になったが、もちろん私はあとでさまざまな情報をを得て、その人物が相手陣営から送り込まれてきたことを知った。はじめて心の底から怒りが込み上げてきた。理由については書かない。みんなが想像していただきたい。「そこまで動員するか」だ。申し訳ない。落選候補として、お詫びを申し上げる。


勝谷氏の言う事を信じるか信じないかはそれぞれ。僕は信じますので、兵庫県民はこのような卑怯な男を知事に選んだのだと残念に思います。それもこれも投票率が低い事が原因の大部分を占めるのではと考えます。

推薦とか支持とかいろんな立場があったようですが、井戸氏には自民・公明・民進・社民の4党が支援についておりました。国政では自民党に対して反対しかしない民進党と社民党がグルになっているところがまずおかしい話で、ここに公務員の関係者や関係する団体がついているんです。利権の匂いがプンプンな人たちで、これを打ち負かそうと思ったら利害関係の無い多くの有権者が投票する必要があって、40%程度の投票率ではそれが出来ないという事なのでしょう。

ここではあまり深堀りしませんが、兵庫県は人口も産業も衰退して行っていると言われている県です。そのような停滞の原因を作っている16年も知事に居座った張本人にこの先4年も舵取りを任せるなんて事は一般の県民にとって良い選択だとは思えません。

やはり投票に行く事は重要で、候補者に関する情報を集めた上で行く事は更に重要であるという結論をもって、締めさせて頂きます。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加