大峰正楓の童話・恐怖小説・写真絵画

☆奇妙な恐怖小説群
☆ghanayama童話
☆写真絵画鑑賞
☆日々の出来事
☆不条理日記

日々の恐怖 5月12日 紅茶(5)

2017-05-12 18:56:51 | B,日々の恐怖





  日々の恐怖 5月12日 紅茶(5)





 Yは意を決して外に出てみることにした。
さっき男が貸してくれたレインコートを羽織ろうかと思ったけどやめた。
 車から降りると、水嵩は膝下まで来ていた。
Yは恐る恐る軽トラの周りを一周した。
男に鉢会ったら間違いなく悲鳴を上げただろうが、会わなかった。
 その時、携帯が鳴った。
保険会社からだった。

『 あ、Yさん大丈夫ですか?』
「 はい。」
『 あの、あと10分ほどで救助スタッフ到着するそうなので、もう少しの辛抱です。
大丈夫ですか?』
「 あんまり大丈夫じゃないです。」
『 あの、念のため警察にも通報を入れたので、それもそちらに向かっていますので・・・。』
「 私は、この場にいたほうが良いんですか?
それとも、逃げた方が良いんでしょうか?」
『 あの、実はですね・・・。』
「 はあ・・・・?」
『 Yさんが現在いらっしゃる近辺、事件がときどきあるそうなんですよ。』
「 え?」
『 その辺り、いつもなら夜中に巡回のパトカーなんかもいるらしいんですが、今夜は台風でそれもないので、十分に気をつけてくれ、とのことでした。』
「 ええっ・・・・・?」

そして、電話は不安だけを残して、

“ ガチャ!”

と切れた。
 電話が切れて一人取り残されたYは、車内に戻る気にもなれなかった。
それで、念のため、もう一度軽トラの周りを一周してみることにした。
男の姿が忽然と見えなくなったことが、とにかく不安だった。










童話・恐怖小説・写真絵画MAINページに戻る。
 大峰正楓の童話・恐怖小説・写真絵画MAINページ



ジャンル:
超常現象
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  日々の恐怖 5月11日 紅... | トップ | 日々の恐怖 5月14日 紅... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。