大峰正楓の童話・恐怖小説・写真絵画

☆奇妙な恐怖小説群
☆ghanayama童話
☆写真絵画鑑賞
☆日々の出来事
☆不条理日記

日々の恐怖 11月5日 正月は暇(3)

2016-11-05 18:00:00 | B,日々の恐怖




  日々の恐怖 11月5日 正月は暇(3)




 タクシーが迎えに来て、引き止める叔母さんを振り払い、タクシーに乗り込んだ。
宿泊先のホテル情報はタクシー運転手さんに伝わっており、俺はカメラをふきふきしながら、後部座席でムカムカ怒っていた。
だいぶ酔っていたので柔らかい足回りのタクシーは殊の外酔った。
 ホテル到着後、さっさと部屋に通して貰った。
ここのホテルは満室だったのだが、無理を言ったので予備の部屋のようであった。
 部屋は細長く狭い。
ドアをあけてすぐ左手にシャワーとトイレ。
その先、左手にシングルベッド。
右手には鏡。
突き当たりに窓、といったレイアウト。
 入った瞬間気持ち悪かったが、正月ということもあり代わりのホテルは無い。
なんにせよムカついていたし、馬鹿らしかったし、疲れていたので速攻ベッドで横になった。
 思ったより酔っていたようで、すぐに睡魔が襲って来た。
それとほぼ同時に、耳鳴りと金縛り。
 俺は、

“ 来たか・・・。”

と思った。
過去に何度か怪しい経験をしているので、そんなに慌てなかった。
 金縛りは2種類あると勝手に思い込んでいるのだが、大概は身体の疲れから来るものだと思っていた。
当然、悪夢と幻覚は付いて来る。
 その金縛りの最中、足下に誰かがいた。
人数は分からない。
ただ、俺の足下で俺の脚を踏まないように、足踏みしているか、歩いているか分からないのだが、ベッドがグン、グン、と凹む。
 どうせ幻覚だと思ったし、怒りモードの俺は、

「 うるせーよ!どっかいけよ!」

と怒鳴り付けた。
するとソレはピタっと止まり、俺は眠りについた。











童話・恐怖小説・写真絵画MAINページに戻る。
 大峰正楓の童話・恐怖小説・写真絵画MAINページ


ジャンル:
超常現象
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« しづめばこ 11月4日 P... | トップ | 日々の恐怖 11月6日 正... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。