大峰正楓の童話・恐怖小説・写真絵画

☆奇妙な恐怖小説群
☆ghanayama童話
☆写真絵画鑑賞
☆日々の出来事
☆不条理日記

日々の恐怖 10月15日 黒い男

2016-10-15 19:14:53 | B,日々の恐怖




  日々の恐怖 10月15日 黒い男




 病気で入院しているばあちゃんを、親戚揃って見舞いに行ったときの話だった。
実際、ばあちゃんの容体は芳しくなく、それは見舞った全員が既に知っていた。
 ばあちゃん本人が、どこまで自分の状態をわかっていたかは、俺にはわからない。
そんな時、従兄弟が急にばあちゃんにしがみついて泣き出した。
それも、子供が泣きじゃくるように、わんわんと泣いた。
 みんな焦っていた。
まるで、ばあちゃんが今にも死んでしまう、とでも言わんばかりの騒ぎだからだ。
 なんとか落ち着かせてなだめようとすると、従兄弟は泣きながら、

「 自分のせいで、ばあちゃんが死ぬ。」

と言い出した。
 わけがわからないなりに詳しく聞いてみると、夢の話だという。
普通の日常的な夢を見ていたら、唐突に黒い男が現れて質問をされた。
道でも尋ねるような自然さに、従兄弟はつられるように答えてしまったらしい。

「 近々、死んでしまうものの心当たりはないか?」
「 ばあちゃんのこと?」

目を覚ましてから、何てことをしてしまったのだろう、日々病状が悪くなりつつあるばあちゃんの様子に、あの男は死神だったのではないかと思うようになり、とうとう耐えきれなくなったのだ、と言った。
 どうにも扱いに困った様子の親族たちをよそに、ばあちゃんは従兄弟の背中を精一杯さすりながら、大丈夫、大丈夫、と声をかけ、

「 その男の夢なら、ばあちゃんも見たことがあるんだよ。」

と話し始めた。

「 ばあちゃんはね、その質問にいつもこう返していたんだ。
家の軒下の鉢植えが枯れかけている、私も世話できずにいるし、きっと長くは持たない、ってね。
あの鉢植えたちに、ばあちゃんも悪いことをしてしまった。
もう、そうして押し付けておくのも忍びない。
だから、いいんだよ。
もういいんだよ。」

そう言っていた。
 それから何日かして、ばあちゃんは亡くなった。
あのばあちゃんの話は、俺を含め、親戚みんなどう捉えていいのかわからずにいる。
 従兄弟を安心させようと、ばあちゃんが咄嗟に話を合わせて語って聞かせたのかもしれない。
でも、もう長く口を開くこともままならなくなっていたばあちゃんに、そんなことができたのだろうか、という疑問もある。
 ばあちゃんが心配していた軒下の鉢植えは、まだ無事だった数鉢を俺が預かることにした。
幸い今のところ、黒い男が夢に出てくることはないままだ。













童話・恐怖小説・写真絵画MAINページに戻る。
 大峰正楓の童話・恐怖小説・写真絵画MAINページ



ジャンル:
超常現象
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日々の恐怖 10月14日 ... | トップ | 日々の恐怖 10月16日 ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。