大峰正楓の童話・恐怖小説・写真絵画

☆奇妙な恐怖小説群
☆ghanayama童話
☆写真絵画鑑賞
☆日々の出来事
☆不条理日記

日々の恐怖 5月14日 紅茶(6)

2017-05-14 19:30:05 | B,日々の恐怖





  日々の恐怖 5月14日 紅茶(6)





 そしてYが、ちょうど軽トラの真後ろにまわり込んだとき、突然、軽トラのエンジンが掛かる音がした。

「 え・・・・?」

まさかと思ったが、雨の中軽トラが地響きを立てて動き出した、しかもバックに。

「 うわっ!」

Yは慌ててバシャバシャ水を蹴りながら、後ろに逃げた。
 しかし、軽トラは下がってきた。
Yが真後ろにいるのが分かっていて、あえて下がってきた。
それで、Yはパニックになった。
 そのとき、逃げるYの目に、こちらに近づいてくる車の明かりが飛び込んできた。
Yは下がって来る軽トラを避け、それに向かって必死で走った。
 今度こそ本当に、保険会社のロゴの入った大型車だった。
軽トラはYを追うのをやめ、前方にすごい速さで走り去って行った。
軽トラのナンバーを確認するほどの余裕はなかった。
 Yは雨の中倒れこんで、保険会社の救助スタッフに抱き起こされた。
保険会社のスタッフ2人も、Yをひき殺そうとする軽トラをちゃんと見ていた。
 Yの車は何もされていなかった。
窓ガラスが粉々に割られていたとか、扉が外されていたとか、シートがズタズタにされていたとか、タイヤがすべてパンクさせられていたとか言うことも何もなく、雨の浸水被害だけで、人為的な損壊は本当に何もなかったそうだ。
 だから、あの男が雨の中で何をしていたのかは全く不明。
病院で検査を受けたが、あの謎の紅茶も、毒だとか睡眠薬が入っていたとかいうことも何もなく、本当にただの紅茶だったようだ。
 一応警察に、男の人相なんかも話したらしいけど、指名手配犯にそんなヤツはいない。
近くにあるらしい刑務所でも、その日は脱走犯とかいなかった。
 別にその辺りは事故現場でもなく幽霊が出るとかでもないし、引ったくり未遂があった程度だったようだ。
それでも、車のシートに置いてあったカバンの財布から、現金を抜き取られていることもなかった。
 だから本当に、あの青年が何者で、何が目的なのか分からない。
何故Yをひき殺そうと、突然バックしてきたのかも謎だった。
そして、ちょっと気味の悪い事件だったこともあるけれど、その後何故か保険会社はYに解約して欲しいって言ってきたと言う話だった。













童話・恐怖小説・写真絵画MAINページに戻る。
 大峰正楓の童話・恐怖小説・写真絵画MAINページ



ジャンル:
超常現象
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日々の恐怖 5月12日 紅... | トップ | 日々の恐怖 5月17日 奇... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。