大峰正楓の童話・恐怖小説・写真絵画

☆奇妙な恐怖小説群
☆ghanayama童話
☆写真絵画鑑賞
☆日々の出来事
☆不条理日記

日々の恐怖 11月7日 正月は暇(5)

2016-11-07 18:03:17 | B,日々の恐怖




  日々の恐怖 11月7日 正月は暇(5)




 時間も時間だからフロントの人も訝しがって、

「 何かありましたか?」

と尋ねてきたが、

「 後で話します。」

と伝えて電話を切った。
 怖かったが、寝汗が凄かったのでシャワーを浴びることにした。
それも、さすがに怖くなってきたので、ドア開けたまま。
それに、目も開けたまま。
 そそくさと退室準備をしながら伯母さんに電話した。
一部始終を伝えながら荷物の整理。
4時を回ったのかな。
外が若干明るくなってきた。
 その時、ベッドの左横の壁に異変を感じた。
四角い跡が三つある。
全部違う大きさ。
 最初は、

“ 絵画の跡かな?”

と思ったが位置が低すぎる。
 触るとその部分だけ壁が薄い。
直感的に、

“ コレだ!”

と思った。
 怖いので伯母さんと通話しながら、

「 伯母さん、多分コレだ。
変な跡がある。
今からカメラで写真撮るから、後で見てくれ。」

とドキドキしていた。
 伯母さんは、

「 そんな事怖いから早く帰ってきなさいよ!」

と進言してくれたが、俺はカメラを構え撮影準備に入った。
 冷静だったと思う。
が、何度シャッターを押してもカメラが反応しない。

“ おかしい・・・・?”

急に怖くなってフロントまでダッシュした。
 フロントのお姉さんに事情を説明した。
奥から年配の男性スタッフも出て来て、事情を説明した。
 冗談で、

「 すみません。
部屋に携帯忘れたので取りにいって貰えませんか?」

とお願いすると、女性スタッフは、

「 いやーーーー!」

とプロ失格の反応だったので笑った。
 タクシーに乗り込み、運転手さんと昨日からのあらましをお話した。
5000円くらいの距離を埋めるには最適だと思ったし、興奮していたから。
 そこで運転手さんが鋭い一言。

「 お客さん、ソレ、昨日親父さんが壊しちゃったんじゃないですか?」

それはあり得る。
 と言うことでバッグからカメラを取り出し、運転手さんの後頭部を撮影した。
一発で下りるシャッター。
まばゆいフラッシュ。

「 ・・・・・・・・・。」

 あれからネットで、あのホテルのことを調べた。
数個の悪い噂が載っていた。
もう宿泊することは無いだろう。
それにしても、あのオッサンは誰なんだろう?













童話・恐怖小説・写真絵画MAINページに戻る。
 大峰正楓の童話・恐怖小説・写真絵画MAINページ


ジャンル:
超常現象
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日々の恐怖 11月6日 正... | トップ | 日々の恐怖 11月8日 冬の日 »
最近の画像もっと見る

B,日々の恐怖」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。