大峰正楓の童話・恐怖小説・写真絵画

☆奇妙な恐怖小説群
☆ghanayama童話
☆写真絵画鑑賞
☆日々の出来事
☆不条理日記

日々の恐怖 9月19日 ヒトリカラオケ

2016-09-19 18:17:53 | B,日々の恐怖




  日々の恐怖 9月19日 ヒトリカラオケ




 先週体験した出来事です。
ヒトカラ行って気持ちよく歌ってたら、いきなり演奏が中断された。

“ あれ・・・・?”

と思って、デンモク(※)で同じ曲を入れなおして歌い始めた。
 その曲を歌い終わり、違う曲を入れて歌ってたら、また中断された。
ヒトカラだからデンモクなんて俺は触っていない。
 廊下に出てみたが誰も居ない。
左右の隣の部屋は空き部屋で誰も居ない。
当然ヒトカラだから俺の部屋には俺しか居ない。
 すると突然aikoの『気付かれないように』が予約登録されて、イントロが流れ始めた。俺は何もしていないのに。
俺は怖くなって、即演奏中止を押して音楽を止めた。
 即座に店員を呼んでカラオケの機材を確認してもらったが、おかしいところも無い。
デンモクも正常動作している。
一応デンモクを取り替えてもらって、店員と二人で、

「 なんだったんでしょうね?」

と話していたら、またしてもaikoの『気付かれないように』が予約登録された。
しかも三連続で。
 店員は真っ青になって、

「 え?あれ?どうして・・・?」

と言いながら困惑している。
 次の瞬間、突然マイクが強烈なハウリングを起こして、

「 ブツン!」

と大きな音を出して切れた。
スイッチを入れても充電台に置いても反応無し、いきなり壊れてしまった。
 青ざめた店員が店長を呼んできたが、さっき予約解除して消しておいたはずのaikoの『気付かれないように』が、またしても勝手に登録されて部屋に流れていた。
当然デンモクにはそんな曲を入れた履歴など無い。
 店長が、

「 すみません、今日は料金は結構ですので、お引取り願えないでしょうか?」

と申し出てきたので、次回無料のクーポン貰って帰ってきたんだけど、これって結構怖い出来事でしょうか?
何を気付かれないようにすればいいのでしょうか?
 そのとき、店員と店長は凄く気味悪がっていた。
機種はLIVEDAMだったんだけど、遠隔で操作できるものなのでしょうかね?
それに、その店はそんなに大きくないし、平日で店員の数も少ないから、バックヤードで人を怖がらせるような遊びをやってる余裕なんて無いと思うんだけどな。




(※)デンモク
電子目次本の略。
歌いたい曲を探して送信するための大き目のリモコン。










童話・恐怖小説・写真絵画MAINページに戻る。
 大峰正楓の童話・恐怖小説・写真絵画MAINページ


ジャンル:
超常現象
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日々の恐怖 9月18日 カ... | トップ | 日々の恐怖 9月20日 ペ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。