大峰正楓の童話・恐怖小説・写真絵画

☆奇妙な恐怖小説群
☆ghanayama童話
☆写真絵画鑑賞
☆日々の出来事
☆不条理日記

日々の恐怖 6月18日 コールセンターの事件(1)

2017-06-18 20:37:44 | B,日々の恐怖





  日々の恐怖 6月18日 コールセンターの事件(1)





 10年ほど前、夜間のコールセンターのバイトをしていた時の話です。



1)冷たい手


 まだ入ってすぐくらいの頃です。
電話の対応をしていると、背中から腰あたりを突然冷たい手で触られた気がして、振り返ると誰もいない。
これを繰返した。
 俺の様子がおかしいのに気づいたリーダーが、

「 そこ、触られるでしょ。
場所移動してもいいよ。」

と声をかけられた。
 俺が、

「 よく出るんすか?」

って聞いたら、

「 その席だけね。」

と返事があった。
 以後その席に座らないようにした。
痴女の霊だろうか?
ある種の需要はありそうな気がする。










童話・恐怖小説・写真絵画MAINページに戻る。
 大峰正楓の童話・恐怖小説・写真絵画MAINページ




ジャンル:
超常現象
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« しづめばこ 6月17日 P... | トップ | 日々の恐怖 6月19日 コ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。