大峰正楓の童話・恐怖小説・写真絵画

☆奇妙な恐怖小説群
☆ghanayama童話
☆写真絵画鑑賞
☆日々の出来事
☆不条理日記

日々の恐怖 9月18日 カオス 

2016-09-18 18:26:21 | B,日々の恐怖




  日々の恐怖 9月18日 カオス 




 前勤めてた病院での話です。
夜中に巡回してたら、二人部屋からうなり声がした。
二人部屋の一人は入院したてで症状が重く、全然意識ないおじさんAだった。
もう一人も時々弱くうなるだけで、1ヶ月ずっと夢の中にいる寝たきりのおじいちゃんBだ。

“ Bさんがうなったのかな?”

と思い訪室すると、寝たきりのはずのBさんのベッドが空だった。

“ えっ?”

と思って部屋を見回し、巡らせた目が真後ろの開いたドアをとらえた時、廊下の光を背にして立つガリガリのBさんがいた。
 点滴抜いて左半身血まみれだった。
あごが外れるくらい口を開いて、目は前方斜め上を見てる。

“ えっ、えっ、なに、これ・・・?”

と混乱してたらBさんが、

「 ぅうぅうううおおおーー!!!」

と雄叫びとともに、両手を横に広げて倒れ込んできた。
 突然のことに私は悲鳴を上げてしりもちをつき、しかし覆い被さるBさんがケガしないように必死で抱きかかえながら、必死にもがいて振り向いたら、意識ないはずのAさんが首だけこっち向けて、充血した目をカッと見開いて笑ってた。
もう、カオスだった。











童話・恐怖小説・写真絵画MAINページに戻る。
 大峰正楓の童話・恐怖小説・写真絵画MAINページ
ジャンル:
超常現象
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日々の恐怖 9月17日 シ... | トップ | 日々の恐怖 9月19日 ヒ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。