大峰正楓の童話・恐怖小説・写真絵画

☆奇妙な恐怖小説群
☆ghanayama童話
☆写真絵画鑑賞
☆日々の出来事
☆不条理日記

大峰正楓の童話・恐怖小説・写真絵画

2017-07-20 20:20:58 | _HOMEページ_
大峰正楓の童話・恐怖小説・写真絵画HOMEページ



☆分野を選択して、カテゴリーに入って下さい。



A,日々の出来事

  ☆( 日々の出来事 11月10日 ドナルド・トランプ  )

B,日々の恐怖

  ☆( 日々の恐怖 7月20日 認知症と幻覚(3~8) )

C,青春小説“過ぎ去った季節の中に”

   ~1,教室の見える風景~  完了
   ~2,潮騒の夏~        完了
   ~3,駅に続く公園の道~  創作中


E,奇妙小説“霧の狐道”

  ☆(霧の狐道274 改定中) 

D,奇妙小説“しづめばこ”

  ☆(  しづめばこ 7月9日 P499 ) 

F,奇妙な恐怖小説群“四枚の写真”

  ☆(  四枚の写真 5月2日 P50 完了 ) 

G,ghanayama 童話


H,美術絵画


I,Photo Lounge







 
          ☆帰ってきました。また、ぼちぼち始めます。

                      by 大峰正楓





           

                        


☆童話・恐怖小説・写真絵画MAINページに戻る。
 大峰正楓の童話・恐怖小説・写真絵画MAINページ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日々の恐怖 7月20日 認知症と幻覚(3~8)

2017-07-20 20:20:35 | B,日々の恐怖






  日々の恐怖 7月20日 認知症と幻覚(3~8)






(3)

 うちの祖母も要介護で幻視のあるタイプの認知症なんだが、

「 廊下を魚が泳いでいる。」

とかいうのは、幻だってわかる。
そういう時は、だいたい母がホウキ持ってきて、

「 はいはい、掃除したからいませんよ~。」

といなしている。

「 仏壇から女の人が出てきた。」
「 布団の回りに人がたくさん立っている。」

というのは、真剣に言われると、

“ まじに視えてるの・・・・?”

と勘ぐってしまう。




(4)

 介護施設で働いてるけど認知症の人って幻覚だけじゃなくマジに視えてることもあると思う。
 新しく入居したド認知の利用者が、

「 ここに知らない人がいる!」

って騒ぐもんだから特徴聞いたら、前に入居してて亡くなった利用者そのままだったってことがあった。
 その人が入居する前に亡くなってるので、当然、面識は無い。
認知症になると、何かロックが外れやすいのかなって考えてます。




(5)

 私の母は認知症ではなくて精神疾患だけど、母がある歌のサビを繰り返し歌っていて、でもワンフレーズだけ歌詞が抜けてララララ〜になってしまっていた。
 よくあることだから特に何も言わず放置してたら、突然歌うのやめて何もない空中に向かって、

「 あ、はい、わかりました。
ありがとう。」

とお辞儀して、次に歌い出した時にはララララ〜だった部分の歌詞が正確に歌えていて驚いた。
やっぱり、幻じゃない何かが見えていたのかもしれない。




(6)

 一時期、認知症の祖母の寝つきが悪い時に自分が寝付くまで付き添ってたんだけれど、

「 あそこの窓から男が覗いてる!」

とか、

「 そこの廊下に女が!」

とか、

「 重なった顔が!」

って言いまくってて、ホント怖かった。
 窓には壁と同じような白い紙貼ったり、廊下は猫の為に半端に開けてたけど締めて回ったり、話に乗ってるといつの間にか言わなくなった。
 築100年越えの家と新しい家を繋いでる家で、新しい方に祖母が寝てて、何かいるって言う方向が古い家の方ばかりだった。
今そっちに自分の部屋貰って寝てるけど、何か不安がある。




(7)

 親戚がアルツハイマーで施設に入所してるんだけど、会いに行くとよく通路の鏡に向かって話している。
 映ってる自分に喋ってるのかと思ったら、鏡の中に人がたくさんいるから一緒にご飯食べようって呼んでるんだと言うことだった。
 それで、

「 ちょっと、来てみて・・・。」

と言うもんだからついて行って見てみたが、

「 ほら!」

の声に反して、当人以外誰も映ってない鏡だった。




(8)

 施設の仕事をしています。
先日、幻覚系の認知のおばあちゃんが、慌てて職員を呼んでいた。
 駆けつけた職員に、おばあちゃんは、

「 大変!トイレを流したら小さな人が一緒に流れてしまったの!
下に行って助けてあげて!」

と、困った様子で訴えた。

「 あら、じゃあすぐ下に行って助けてくるから安心してね。」

と、職員さんが答えると、おばあちゃんは安心して、すぐそのことは忘れていた。
 そのやり取りは微笑ましくて思わず笑ってしまったが、戻ってきたその職員さんと、

「 案外本当にいるかもねぇ~。」

なんて笑いながら話すのは、よくあることです。














童話・恐怖小説・写真絵画MAINページに戻る。
 大峰正楓の童話・恐怖小説・写真絵画MAINページ



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日々の恐怖 7月18日 認知症と幻覚(2)

2017-07-18 19:57:36 | B,日々の恐怖




  日々の恐怖 7月18日 認知症と幻覚(2)




 数年前、無職でとうとう愛車まで売って生活してた頃、昼間嫁の車で就職活動をして、嫁を仕事先まで送り迎えしていた。
 嫁は介護士で、仕事先は隣町のグループホームだった。
夜は幼い娘と嫁を迎えに行ってたが、ある夜、嫁が施設から出てきて、駐車場にいる俺らの所まで来ているのが見えたとき、娘が、

「 ネコちゃんがいるよ。」

と言う。
 何気に、

「 ん?どこに?」

って聞くと、

「 ママのとこ。」

と答えた。
 聞けば嫁の足下に戯れるように黒猫が絡み付いていたが、話してるうちにいなくなったそうだ。
俺は見ていない。
 嫁はいつも車に乗って来るなり夕飯のこととかマシンガントークが始まるので、娘のネコの話はそれっきりだった。
 それで、その夜娘を寝かしつけた後に嫁と話していると、

「 今日二人の利用者のお婆さんに、ネコがいるって言われた。」

とグループホームでの話があった。
 一人(かなり認知が進んだお婆さん)には、歓談室で嫁の足下に向かって、

「 まおまおまお・・・・。」

と言われ、ネコを呼ぶような仕草をされて、もう一人(軽い認知のお婆さん)には、

「 あら、かわいい猫ちゃん連れてるのね。」

と話し掛けられた、
別々の時間帯に言われたそうだ。
 嫁が、

「 ネコでも憑いてたのかしら?」

なんて言うから、嫁が車に乗る前の娘の話をした。
 利用者さんに見えてたネコも黒猫だそうで、多分二人の利用者さんと娘には本当に黒猫が見えてたんじゃないだろうか。
幻覚と決めるのもどうかと思う。














童話・恐怖小説・写真絵画MAINページに戻る。
 大峰正楓の童話・恐怖小説・写真絵画MAINページ



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日々の恐怖 7月16日 認知症と幻覚(1)

2017-07-16 18:46:56 | B,日々の恐怖





  日々の恐怖 7月16日 認知症と幻覚(1)




 認知症によっては、本人にはハッキリとした幻覚が見えるらしい。
誰もいない部屋の隅を指差して、

「 子どもがいる。」
「 動物がいる。」
「 トイレに知らない女の顔がある。」
「 (何十年も前に亡くなった)親や友達がそこにいる。」

とか言い続けたりする。
それでも、全くの幻覚ではない場合もある。
 ある施設でセンサーとかまだ無い時代、認知症のお婆さんが、

「 夜になるとお雛様が来る。」

と毎日訴えるので、幻覚なのかどうか確かめようと、スタッフが夜勤の見回り時間以外に監視していた。
 すると見回りが終わって少し経った時刻に、別の部屋のお婆さんが起きだして、あちらこちらの部屋に行って、ベッドで寝ている別のお婆さんたちを覗き込んでいた。
派手な模様の毛布を羽織っていたから、お雛様みたいな衣装に見えたようだ。














童話・恐怖小説・写真絵画MAINページに戻る。
 大峰正楓の童話・恐怖小説・写真絵画MAINページ



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日々の恐怖 7月13日 歯医者

2017-07-13 19:13:34 | B,日々の恐怖





  日々の恐怖 7月13日 歯医者





 前に、歯医者に行ったときの話です。
その日は仕事の徹夜明けで、ボケ~っとしたまま歯医者に行った。
親知らずの抜歯のために最初に麻酔して、麻酔が効くまでの少しの時間ウトウト寝てしまった。
 すると突然、顔に、

“ ベチャッ!”

と冷たいものが乗ってきて、驚いて反射的にそれを掴んでしまった。
 感覚的に明らかに人の手だった。
子供とか女の人みたいな小さくて華奢な感じだった。
 歯科助手のお姉さんの手だと思って、

「 あ!すいません!」

ってパッと離して体を起こしたら、誰も周りにいなかった。
 俺の声に驚いたのか、隣の衝立から歯科助手のお姉さんが出てきて、

「 どうされました?!」

と聞いてきた。
 困っていると先生までやって来て、

「 大丈夫?」

と聞いて来た。

「 すいません。
ちょっと寝ちゃって。
寝ぼけたみたいです。」

と返したら、2人とも、

「 何だあ・・・・・。」

と笑っていた。
 それから一ヶ月経った。
最後の通院日に、帰る時に歯科助手のお姉さんが、

「 じゃあ次は半年後の定期検診ですね、お大事に。」

と言われ、

「 はい、ありがとうございました。」

と返事したところで、急に顔を寄せて来て、耳元で、

「 前に大きな声を出されたときに、寝ぼけたとおっしゃってましたけど、本当は見たんですよね?」

と言ってきた。

「 え・・・。」

と困っていると、

「 ちょっと見た目は怖いですけど、害は無いので、また来てくださいね。」

と笑顔で言われた。

“ 見てはないんだよな・・・。”












童話・恐怖小説・写真絵画MAINページに戻る。
 大峰正楓の童話・恐怖小説・写真絵画MAINページ



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日々の恐怖 7月11日 お財布(2)

2017-07-11 19:59:05 | B,日々の恐怖




  日々の恐怖 7月11日 お財布(2)




 まず、中に入れてたお金は無事だった。
それどころかむしろ増えていた、不自然に。
それからやたら小さく小さく折り畳んだメモみたいなのが何枚か。
 中には、合格祈願みたいな内容や、独立したいとか、店がどうとか、なんかよくわからない個人名だかあだ名だかが書いてあるだけのものとか、とりとめがない。
なんというか、公衆トイレの落書きとか宿泊施設にある交流ノートのノリに近いかもしれない、もしくは神社の絵馬のような。

“ もしかしたら、この小銭入れはお賽銭箱みたいな役目をさせられてたんだろうか?
でも、なんのために?
どうしてそんなことに?”

経緯がまったくわからない。

“ まさか何人もの手を渡ってきた?
どうやって?”

幸いなことに、自分に関係しそうな内容とか、恨みとか物騒な要素はなさそうだった。
それだけは本当に安心した。
 でも、やっぱり気持ち悪い。
メンタル弱すぎかもしれないが気分が悪い。
 こんなの、少し自分で手を入れてるとはいえ、ただの既製品の小銭入れだ。
そんな願掛けだかなんだか念みたいなもの込められても、ほんと分不相応なんで勘弁してください、許してください。
これ、ほんとにどうしたらいいんだろう。











童話・恐怖小説・写真絵画MAINページに戻る。
 大峰正楓の童話・恐怖小説・写真絵画MAINページ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日々の恐怖 7月10日 お財布(1)

2017-07-10 20:50:53 | B,日々の恐怖




  日々の恐怖 7月10日 お財布(1)




 今日、耳鼻科クリニックに行ってきたのだが、受付の人に、

「 これ、Sさんのお財布じゃないですか?」

と小銭入れを見せられた。
どうやら落とし物で届けられたらしい。
 それは間違いなく自分の物だった。

「 お会計の時持っていたのを覚えていたので・・・・。」

ちょっと特徴のあるデザインだったからそのせいだろうと、お礼を言って受け取ってきたんだが、よくよく考えるとおかしい。
 この財布をなくしたのは正月だった。
一緒にいた友達や兄弟も自分が小銭入れから金を出し入れしているのを見ている。
そしてなくしたことに気づき、みんなで探し回ったが、結局見つからなかった。
 正月に医者なんか開いてるはずないんだ。
当然来た覚えなんかもない。

“ 実は上着やらのポケットに入れていたのを失念してなくしたと思いこみ、そのまま忘れてここに来て落とした・・・?”

とも思ったが、そもそも服装が全く違う。
 とにかく腑に落ちなくて中を見てみたんだけど、せめて家族かだれか近くにいるときに開ければ良かった。










童話・恐怖小説・写真絵画MAINページに戻る。
 大峰正楓の童話・恐怖小説・写真絵画MAINページ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

しづめばこ 7月9日 P499

2017-07-09 19:56:27 | E,しづめばこ



 しづめばこ 7月9日 P499  、大峰正楓の小説書庫で再開しました。


小説“しづめばこ”は読み易いようにbook形式になっています。
下記のリンクに入ってください。
小説“しづめばこ”



大峰正楓の小説書庫です。
大峰正楓小説書庫


童話・恐怖小説・写真絵画MAINページに戻る。
 大峰正楓の童話・恐怖小説・写真絵画MAINページ













コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日々の恐怖 7月7日 お茶漬け専門店

2017-07-07 18:23:49 | B,日々の恐怖




  日々の恐怖 7月7日 お茶漬け専門店




 俺はお茶漬け専門店なんてニッチなお店で働いている。
ホール希望だったけど夜勤に回された。
 専門店のお茶漬けすべてに言えることだと思うけど、お茶漬けの米ってカビをつける作業がある。
夜中に室温の管理しながらダメなカビが発生してないかを監視するっていう、ちょっと変な仕事内容だ。
 ガラスのフタを覗いて、ダメなカビがあったらそのタライの米は全部捨てる。
ちゃんと発酵してるものは、カビを綺麗な水で洗い流して店に出す。
 この工程のおかげで1杯2000円でも売れる。
サラサラっと胃に流し込んでしまえちゃういい米になる。
 洗い流す工程の時に異変に気付いた。
エプロンの結び目を解かれたり、頭のタオルを落とされたりする。
それが何日も続くもんで、大将(社長)に相談した。

「 そりゃ狐やろ、この辺は昔は山やったからな、狐くらいおるわな。」
「 え~?
でも、音もしませんでしたし・・・?」
「 生きとるもんじゃないからな、うまくやれ。
台所に、お揚げさん置いといてやるわ。」
「 えぇ・・・、それだけ・・・?」
「 騙された思うて1週間頑張ってみ。
あんまり気になるならホール任せる。
ほんまは、ホールは女がええけどな。」

 次の日から、パタリとイタズラが無くなった。
でも、お揚げさんが減ってる様子も無く、

“ もったいないな・・・・・。”

と思って社長に聞いたら、

「 食ってもいい。」

と言われた。
それで、毎日味噌汁に入れて食べている。
 そのときはイタズラの被害者は俺だけだったが、店を立ち上げた当初から、そういうのがあったらしい。
 社長の母親がやって来て、

「 食べ物供えないと、なかなかどっか行かないよ。」

って言われた。
 俺が、

「 狐って、食べ物貰うと、すぐどっか行くんか・・・・。」

と呟くと、

「 でも、また、すぐ戻って来るけどね。」
「 えっ、住み着いてるんですか・・・?」
「 うん、そんな気もする・・・、知らんけど・・・・。」

と返事があった。










童話・恐怖小説・写真絵画MAINページに戻る。
 大峰正楓の童話・恐怖小説・写真絵画MAINページ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日々の恐怖 7月5日 くだらねえこと

2017-07-05 20:06:43 | B,日々の恐怖




  日々の恐怖 7月5日 くだらねえこと




 俺、廃棄物処理場で働いてるんだけど、そこに細かい金属屑が流れる配管がある。
その配管は4系統あって、それぞれ3か所点検口があって、定期的に点検する。
 たまに詰まることがあって、詰まると復旧が非常にめんどくさい。
だけど、一か所だけ誰も開けない点検口があって、先輩に訊いたら、

「 そこは見なくていい。」

ってだけ言われて、機嫌悪くなっちゃって教えてくれない。
 でも、やっぱり気になる。
それで、職場の飲み会の後で酔っ払った別の先輩に訊いたら、

「 あそこは絶対に詰まらないから大丈夫。
詳しいことはAさんに訊いてくれ。」

と言われた。
 Aさんってのは古株のオッサンで、あんまり接点が無いんで訊きづらいんだけど、どうしても気になったからいきなりだけど訊いてみた。
 Aさん曰く、

「 あそこの点検口は、開けると青白い手が出てくんだよ。」

と言われた。

“ なんだか安っぽい怪談だなぁ・・・。”

と思いつつ、

“ でも、じゃあなんで詰まらないのよ?”

なんて考えてたら続きがあって、

「 みんな気味悪がって点検しないから、頻繁に詰まる様になって困ってたんで、しかたなくBさんに頼んで一緒に点検しに行ったんだよ。」

BさんってのはAさんの元上司で、俺が入った時はもう定年で退職していた。

「 開けたらやっぱり手が出てきてあせってたら、Bさんいきなりハンマーで手をぶん殴って怒鳴ったんだよ、

『 くだらねえことしてねえで、詰まらねえ様に見張っておけ!』

ってさ。
 なんだか笑いばなしになってきたけど、実際にその辺りが詰まったのはその後一回だけだ。」

って言われた。
 その一回詰まった時も、Bさんが配管をプラハンでバコバコぶったたいて、

『 てめぇ、サボってんじゃねえぞ!
今度詰まったらぶっ飛ばすぞ!』

って怒鳴ったら詰まらなくなった。
で、Bさんの命令であそこは見なくてイイってことになった。
 配管の造りは4系統皆同じなので、そこだけ詰まらない理由が分からないが、それって嘘くさい話だけど、確かにその点検口の辺りだけは詰まったことはないし、みんなそこに行くの嫌がってるのが分かるんで、本当なのかなぁと思いつつある。












童話・恐怖小説・写真絵画MAINページに戻る。
 大峰正楓の童話・恐怖小説・写真絵画MAINページ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日々の恐怖 7月3日 101回目のプロポーズ

2017-07-03 21:02:31 | B,日々の恐怖




  日々の恐怖 7月3日 101回目のプロポーズ




 大学生の頃、夜10時くらいに歩いて帰ってたら、自分の後ろを携帯で話してる男がずっと歩いてきてた。
 自分のアパートの近くまで来たときにまだ後ろにいたんだけど、

「 お前だよ!お前!…さっきから…!(聞き取れない)…!」

と声を荒げ始めたから、びびって初めて振り向いてその男を見たら、そいつ携帯なんか持ってなかった。
ずっと自分に話しかけながらついてきてたみたいだった。
 襲いかかっては来なかったし距離が10メートル程はあったので、気づいていないふりをして、街灯がない暗い分かれ道のところでしれっと物陰に隠れたら、運良くやり過ごせました。
 直後、そいつは突然叫び出して走り去っていきました
なんでそんな時間に1人でうろついてたのかはわからない。
振り返って、101回目のプロポーズの、ウェディングドレスで夜中の町を走ってこられるのなんか見たら、まず悲鳴ものだと思う。










童話・恐怖小説・写真絵画MAINページに戻る。
 大峰正楓の童話・恐怖小説・写真絵画MAINページ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日々の恐怖 7月2日 歪み(3)

2017-07-02 18:42:26 | B,日々の恐怖




  日々の恐怖 7月2日 歪み(3)




 最初の虐待の原因になったのは、妹が熱を出して学校を休んだ時だ。
当時兄は小6で妹は小1だった。
 妹が熱を出す一週間くらい前に爺さんが来てて、みんなで焼肉へ行った。
それから一週間くらい経過してから妹が熱を出して学校を休んだ。
 症状が出てから3日くらいして兄が父に猛抗議した。
ほどなくして、

「 あれ明らかに中毒症状やろが!
病院連れてけ言うてんねん、ハゲ!」

と兄が怒鳴ったのを今でも覚えている。
 父はそれに対して、

「 病院もタダとちゃうねん!
ただの風邪や!
寝とったら治るわ。
それと誰が金払うねんや、あぁん?」

と言い返していた。
 結局、兄が救急車を呼んで妹を病院に連れて行った。
放っといても治るカンピロなんとかいう病気だったと思う。
当時O-157が流行っていたから、大事なくてよかった。
 ほんとに中毒という指摘があっていたから、父からしてみれば恥をかかされた気分だったんだと思う。
大人よりも知識があったから、家族の信用が兄に移ったと勘違いしたのかも知れない。
父の許可も無く家の電話を使用した事とか、救急車が大げさで近所に恥かいたとか、そんな理由で病院から帰った兄はボコスカ殴られてた。
 これが虐待の始まりで、兄はここから父を無視し続けた。
殴られようが何をしようが、まるで父がそこにいないかのように振る舞っていた。
 怖いとは思わなかった。
殴られた事はないけど、兄が殴り返さない気持ちもわかった。
何もわからないうちから殴られてたら、あんな父でも怖いと思ったかもしれない、
ある程度大きくなると、殴り返すほどの労力や時間を費やすのがもったいないってそう思う。
でも兄がいなければ、俺がターゲットだったかもしれないとも考えられる。










童話・恐怖小説・写真絵画MAINページに戻る。
 大峰正楓の童話・恐怖小説・写真絵画MAINページ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

しづめばこ 7月1日 P498

2017-07-01 19:01:12 | E,しづめばこ



 しづめばこ 7月1日 P498  、大峰正楓の小説書庫で再開しました。


小説“しづめばこ”は読み易いようにbook形式になっています。
下記のリンクに入ってください。
小説“しづめばこ”



大峰正楓の小説書庫です。
大峰正楓小説書庫


童話・恐怖小説・写真絵画MAINページに戻る。
 大峰正楓の童話・恐怖小説・写真絵画MAINページ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日々の恐怖 6月30日 歪み(2)

2017-06-30 20:05:03 | B,日々の恐怖




 日々の恐怖 6月30日 歪み(2)




 その日を境に爺さんすら兄に声をかけなくなった。
それから2年して大学進学のために兄は一人暮らしになった。
大学卒業の時に連絡は寄越したものの、それ以来連絡はこず、連絡手段もなく兄は行方不明になった。
 たぶん兄は自発的に行方をくらましたと思う。
婆さんを無視し続けた頃くらいから、家にいる事に嫌悪感を持ち始めていたそうだ。
 お釈迦様が現れたとき、爺さんは恐怖したのではなくて、声を出そうと思っても出なかったので、今話しかけてはいけないんだと本能的に感じたそうだ。
 元々船乗りだったのもあり、水の神様に昔助けてもらったとかで家にも色々祀ってあったような人だった。
 信仰深い人がそういうものを見るとそう思い込んでしまうのか、はたまたウソなのかはわからない。
ウソをつくような人でも無い人から、耳からお釈迦様と聞いたとき、ちょっと笑ってしまった。
 父親からの虐待については、兄以外はみんな大丈夫だった。
原因もハッキリしてて、兄は父に反抗的だったからだ。
 俺とか妹とかは理不尽な事を言われてもわからんから、ふんふんって聞いてるんだけれど、兄はそうじゃなかった。
最初の虐待があるまでは兄も聞き流してたけど、最初の虐待があってからはほとんど父を無視していた。









童話・恐怖小説・写真絵画MAINページに戻る。
 大峰正楓の童話・恐怖小説・写真絵画MAINページ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日々の恐怖 6月28日 歪み(1)

2017-06-28 21:06:13 | B,日々の恐怖




  日々の恐怖 6月28日 歪み(1)




 爺さんから聞いた話だ。
父からの虐待がひどすぎたために、爺さんが兄を引き取る事になった。
 当時、兄は14歳だった。
兄が出て行ってから、俺は兄とは話したことが無い。
そして、今現在も行方不明だ。
 兄は、嫌がらせが好きな婆さんとよく喧嘩をしていた。
部屋にいる時は勉強をしているから話しかけないで欲しいとか、ご飯は自分で作るし貯金があるから構わないで欲しいとか、そういったことで、喧嘩になる事があったそうだ。
 しかし、人が嫌がることをやりたい婆さんはそれをやめなかった。
気を散らすようにわざと大声で叫びながら部屋の戸を開けたり、阪神が勝ったとか高校野球はどこが勝ったとか、お風呂に入ってても大声で兄に話しかけ、嫌がる事を続けたようだ。
 そのうち兄は説得を諦めて婆さんを無視するようになり、爺さんが婆さんを止めるようになった。
 ある日、糖尿病の通院で爺さんがおでかけするついでに、兄に何か買ってやろうと部屋に入った。
 爺さんが、

「 病院へ行くけど、たまには一緒に出かけないか?」

と声をかけるが、兄は聞こえていなかった。
机に向かって勉強するばかりで全く反応しなかった。
 聞こえていないと思った爺さんが、もう一度兄に声をかけようとした時、兄の耳からお釈迦様が出てきて爺さんは喋るのを止めたそうだ。









童話・恐怖小説・写真絵画MAINページに戻る。
 大峰正楓の童話・恐怖小説・写真絵画MAINページ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

☆童話・恐怖小説・写真絵画MAINページに戻る。

-------大峰正楓の童話・恐怖小説・写真絵画MAINページ-------