Cogito

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

転んだPapasan

2017-07-29 21:59:07 | 日記
シバンムシ騒動のおかげで、せっせと掃除をしている。ここのところ涼しいとは言うものの、やはりしんどい。ほこりまみれになっていた梅酒用の瓶をすべて洗った。ビンの日に出せばいいのだが、梅酒のビンは重い。カレットにしてしまうのはちょっともったいない気もするが、今更果実酒は作らないし、誰かが使ってくれればいいが、今どきの人は果実酒など作らないだろう。少しずつ出す以外仕方がない。そんなことをしていると、ベッドのPapasanが、夕べ転んだのだと言った。よく聞こえない。ベッドのそばに行き、どこで、いつ転んだのかと聞くと、夜中に台所で転んだのだという。見るとおでこと鼻の頭と鼻の下が赤くなっている、はじめ鼻血がでているのかと思った。Papasanは血液さらさらの薬を飲んでいるので、出血するとなかなか止まらない。起きてきてもらい、椅子に座らせ、傷を見た。打ち身だがすりむいて血がにじんでいる。おでこと鼻はわかるけど、どうして鼻の下をケガするんだ、と言いながら、消毒薬で拭いた。

真夜中、のどが渇いたので、氷水を飲もうと思ったら、何かに躓いて転んだ。頭も打ったという。大きな音がしたはずなのだが、寝入りばなだったのだろう、私は全然気が付かなかった。寝たばかりだから悪いから起こさなかったけど、起き上がれずに1時間ほど、台所の床に転がっていた、という。何度も呼べば目を覚ましたかもしれないよ、というと、うるさいとご機嫌斜めになるから、我慢して自力で立ち上がったのだという。まぁ、自力で立ち上がれればそれに越したことはない。こんな怪我、消毒して放っておけば治るといったのだが、医者に行くという。息子に電話すると、息子が診療所へ薬をもらいに行くから連れて行ってくれるという。そこで診察券や保険証などなど一式をポシェットに入れ持たせた。先日のこともあり、待たされるんだろうと思っていたら、それでも11時過ぎには帰ってきた。塗り薬が処方されていた。頭を打ったようなので、1月ほどしたら主治医にその旨伝えて、レントゲンを撮ってもらうようにとメモ用紙が付いてきた。私もたんこぶを作ったとき、その旨はもらったからわかっている。塗り薬をチェックすると抗菌用の抗生物質だった。ネットでそれを調べると腎臓にはよくないとあった。一日一回塗布となっているから、やたらと塗ってはだめだよ、腎臓に悪いと書いてあるからね、と言っておいた。
躓くようなものないように見えるけど、自分も躓くから気を付けないといけないね。老人の事故は家の中が多いようだから。Papasan、とんだ災難だったね。もっとも、夜は寝るものだよ、夜中に起きて胃に物を入れるのはよくないよ。

午後、涼しいからと買い物に連れて行ってくれた。Papasanも帽子をかぶって出かけたが、その姿を見て噴き出してしまった。サザエさんの波平さんだね、鼻の頭は伝助かな、と言って笑った。そのうち青墨になるかな、マスクをかければいいよ。私もキョンシーになったからね。ただし治るまで、時間がかかるよ。う~ん、老老介護は大変だよ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  | トップ | 7月も終わる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。