Cogito

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

山梨市

2017-05-19 21:32:29 | 日記
今日は、娘の引っ越し先の山梨市に行く日。パパさんは5時から起きてちょこまかしている。仕方がなく私も起きる。
頼まれものをがらがらに乗せ、階段下まで運んでおく。結構の重さだ。8時半出発。小田原周りで箱根越えだ。仙石原へ向かうとき硫黄の匂いがした。富士山は雲に覆われ見えない。なんでさ、いいお天気なのにとぶすぶす言っている。御殿場から高速に乗り、いつもの道を進む。カラマツがすっかり緑になった。ハリエンジュの白い花が満開だった。中央高速を勝沼でおりた。こんなに近いの、というとそうだという。ここら辺の地理は不案内。お任せ。でもいつものようにきょろきょろして、これはももだね、これはブドウだね、と言っている。勝沼も来たことはあるんだけど遠い日のこと。11時前にはついた。家から途中休憩をとったが2時間半。

娘の家は住宅区域にある。両親が建てた家だが、落ち着きのある日本家屋。いい建物だ。中の柱も梁も太くて立派。今はこんな柱はとても使えない、この家を廃屋にしなくてよかったね、住んでもらえて家も喜んでいるよ。

お昼にネットで調べておいた「はな花」というお蕎麦屋さんに行った。靴を脱いで上がるのは面倒だったが、きれいな落ち着きのあるお店。ほかの人は十割そばをとったが私は信玄おろしそばを注文した。鉢にそばを盛り、たっぷり大根おろしと鰹節とネギがのっていた。鰹節は我が家のものと同じ、物はいいが、振りかけるには私にはちょっと硬い。でもそばも、たれもおいしかった。珍しく全部平らげた。

近くにフルーツ公園があり、甲府盆地が見下ろせる、というので連れて行ってもらった。駐車場に車を止め、トンネルを抜けて公園のセンター広場に立つ。斜面を利用したなかなかの施設。下はドーム型の舞台。コンサートやイベントに使えそう。上のほうには温室や建物もあるらしいが、階段なのでPapasanを歩かせられないのでいかずに、下を眺めている。息子はここら辺の地理に詳しい。雲がなければ富士山も見えるそうだが、今日は晴れて日差しは痛いくらい強いのだが、山の向こうには雲があり、遠望はきかない。

子ども連れの家族があちこちでお昼をとっている。ピクニックにふさわしいところだな。子供たちが走り回っている。かわいいので写真を撮り始めた。その一枚が上の写真。いっぱいあるんだが。
後で聞くとカラスが子供のサンドウィッチを盗んだとかで、子どもたちがカラスを追っかけて走っていたのだそうだ。望遠を車に置いてきてしまったので、カラスはわからなかった。コンデジで撮っただけなのだが、なかなか楽しい写真になっている。ピンクのトランも走っている。ピクニックには楽しい場所だね。山梨県の施設のようだ。即売所はいくつもあったが時期でないのでどこもしまっていた。サクランボにはちょっと遅かったし、桃にははやすぎた。棚のブドウも実をつけたばかり。

片目が見えないのでカメラはもっぱらオートにたよってはいるが、それでもそんな悪い写真はとらない。器械の進化には感謝だ。家に帰ってPCに取り込んで写真を見ると、子どもたち、同じような格好をしている。もしかすると遠足だったのかな、と聞くと、幼稚園のバスが2台止まっていた、と教えてくれた。そうだったんだ、だからあんなに子どもがいたんだ。いい時に遭遇したね、やはり公園は子たちたちがふさわしい。

帰りは御殿場でまだ行ったことのない「とらや工房」に連れて行ってと頼んだ。東山旧岸邸となっている。門を入ると左手に道は折れ、うっそうとしげる樹木の下をせせらぎが流れ、なかなかいい雰囲気。ほどなく先にアーチ型をした木造オープンハウスのような建物があり、そこがとらや工房だった。席を取り、注文に行く。カフェテリア方式で、好きな和菓子を選んで、注文するようだ。私たちはあんみつを注文するとお茶を3つ、急須から注いでくれた。それをもって席に戻った。あんみつは運んでくれるという。待つことしばしやっとあんみつが届いた。う~ん、さほどのことはない。もうここによるのはやめよう、あっちのとらや茶房の方が雰囲気もあるし、落ち着いてお茶も飲めるし、お菓子も買える、とわがままなばあさんは文句を言っている。しかもお客さんがいっぱい。あっちはがらがらなのに、こっちは混んでいるんだね、というと、いつもはすいているよ、今日はツアー客が来ているからだとという説明。ふ~ん、どこを見るんだろうか、広いお庭かな、なんて思っている。

家に帰ってとらや工房を検索すると、東山岸邸とは、元総理の岸信介の別荘だったところで公開されていた。岸信介はどうでもいいが、設計が吉田五十八だと知って、残念がった。なんでも岸家がこの屋敷を御殿場市に寄贈し、とらやが指定管理者になっているそうだ。息子に聞くと、いともあっさりと、そうだよ、と。教えてくれれば見学によったものを、残念!日本でも吉田五十八は有名な建築家だったんだ。熱海の惜櫟荘も彼の設計だよ、工房はもぅいいけど、屋敷はもう一度見に連れて行って、と頼んだ。

門や森の散歩道は数枚とった。コンデジだけど。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クラス会 | トップ | 毎度ドジおばさん »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。