Cogito

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

カメラのメンテ

2017-06-19 13:45:17 | 日記
Canonからカメラのメンテの通知が来た。私が日ごろ使っている一眼レフデジカメはEOS 5D Mark Ⅱ、買ってから6年以上経過している。買ったのはちょうど東北大震災の時だ。銀塩は長いがデジカメには慣れていないので講習を申し込んだら、震災で時期がずれてしまい、行きそこなったからよく覚えている。キャノンのカメラの部品の保有期間は10年。それが過ぎると修理はしてもらえない。私が愛用してきた何台もあるCANONの銀塩カメラはすべて部品保有期間が過ぎてしまっているので、よしんば故障しても直してはもらえない。10年は短いと思うのだが、仕方がない。

Mark Ⅱの部品の保有期限は2019年11月末日まで。ということはあと2年足らず。銀塩の時は頻繁にオーバーホールをしてもらっていたが、このデジカメはまだ一度もメンテしていない。不具合なところはないが、今のうちにメンテしてもらっておこう。そこでお客様相談室にメンテの申し込みをした。ついでに日ごろ使っているレンズも2個、メンテをしてくれと頼むと、二つとも保有期間が過ぎているので、修理の必要があっても修理できないから、それでもいいから掃除してくれという誓約書を提出してもらうことになる。もし不具合がなければ、そのままお使いくださるほうがいい、ということだった。
そこでレンズは出すはやめた。キャノンのレンズはいくつも持っているが、みんなもう期限切れなんだろうなぁ。同じレンズを買い替えてもいるが、それでも10年は過ぎているだろう。

カメラは明日ヤマトが取りに来てくれ、メンテがすんだらとどけてくれる。そのとき着払いで代金を支払うのだそうだ。バッテリーとメモリーを外しておいてください、と。デジカメのメンテは初めてなので、そうか、そうか、と早速メモリーを外し、電池を抜いた。明日の午前中なら机の上に出しておこう。

銀塩のCONTAXもあるがこちらはどうだろう。このレンズはツァイス。こちらは聞いてはいないが同様に保有期限はあるのだろうか。

以前、といっても今も使っているBRAUNの泡だて器。私が愛用している機種はもう生産中止になってしまって、新品を手に入れることはできないが、修理はしてくれる。修理を頼んだら、部品を取り換えて新品のようにきれいになって返ってきた。それをもう何年もフル活動しているが、使い勝手はとてもいい。BRAUNの新製品も買ってみたが、古いもののほうが私には使いやすいので、新製品は(もう古くなっている)お蔵入り状態だ。ドイツ製品だから、修理できないなんて言ったら大騒動になっちゃうだろうな。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 生きもの | トップ | アイスクリームメーカー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。