広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

韓米合同軍事演習、安保理の対北朝鮮措置後に延期

2017-06-20 07:00:38 | 日記





【ソウル15日聯合ニュース】黄海で行われる予定の武力示威としての大規模な韓米合同軍事演習が再び延期された。
 国防部関係者は15日、国連安全保障理事会で韓国海軍哨戒艦「天安」沈没事件をめぐる対北朝鮮措置が決まってから黄海で訓練を行う方向で意見がまとまりつつあるとし、外交的状況を考慮せざるを得ないと説明した。
 軍当局は当初、今月7~10日に米海軍第7艦隊所属の航空母艦が参加する合同軍事演習を黄海で実施すると発表していたが、4日には実施時期を2週間ほど延期すると明らかにした。 
 安保理で「天安」沈没事件について協議が行われており、南北が攻防を繰り広げている状況のなか、中国を刺激しかねない大規模な軍事演習を黄海で実施しすることに負担を感じたものとみられる。
 対北朝鮮決議案、または議長声明を採択するときに開催される安保理の公式会議の日程も未定のため、演習の実施時期は不透明な状態だ。
 また、合同軍事演習とは別に、今月末または来月初めに予定していた韓米連合対潜水艦訓練も安保理の対北朝鮮措置が決まった後に実施される可能性が高い。
 国防部の金泰栄(キム?テヨン)長官は同日、国会で行われた外交?統一?安保分野の対政府質問で、対潜水艦訓練について「合同参謀本部が米国側と細かい訓練計画を発展させている。安保理での努力と国際世論の醸成を関連付けて検討すべきだとみている」と述べた。



【関連ニュース】
?米国防長官「追加的な韓米合同軍事演習を検討」
?「韓米合同軍事演習の強化を模索」米国務長官
?韓米合同軍事演習が終了、北朝鮮は特異動向なし
?韓米合同軍事演習きょうから、北朝鮮「非核化中断」



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ワインに合うおつまみランキング | トップ | 金剛山から韓国人退去、北朝... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事