試乗日は強烈な暑さだったと言うことは一応添えておく。

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

飛行機の近くで働きたいな」と思い始めたからだという。

2017-07-31 10:32:29 | 日記

その間にも大きな翼の下では給油車のホースから燃料の補給が行われ、フードローダーで運ばれてきた機内食がどんどんと積み込まれていく。ふとボーディングブリッジを見上げると、すでに乗客が搭乗を開始している。先ほど手荷物やコンテナを降ろしたばかりと思っていたら、実は積み込みも続けて行われているのだ。やがてすべての作業が迅速に完了すると、再び酒井さんがトーイングカーに乗り込み、仲間の合図とともに機材のプッシュバックを始めた。動き出すときは「機内に衝撃がいかないようにアクセルをゆっくり入れることを心がけています」と丁寧な操縦を意識しているそうだ。確かにこのペースならプッシュバックは30分に1本の計算となる。一つの便が到着してから再び出発するまで時間は限られている。これまでに何度もニュースになっているが、日本航空は毎年のように世界でもトップクラスの「定時到着率」を誇っている。この名誉は、酒井さんらグランドスタッフによる正確かつ迅速な作業によって日々のスムーズな運航が実現しており、乗客を目的地まで安全・快適に送り届けるエキスパートの妙技を間近で確認することができた。
http://dream-share.jp/users/profile/833 http://pepakura.info/userinfo.php?uid=1812酒井さんがグランドハンドリングに興味を持つようになったきっかけは、修学旅行の時に乗った飛行機の真下で働くグランドスタッフを見て「カッコいいな。飛行機の近くで働きたいな」と思い始めたからだという。その後、航空専門学校に進学。在学中にJGSのインターンシップに参加し、現場の作業やスタッフの雰囲気など総合的に見て「ここがいい」と感じたそうだ。卒業前にトーイングカーの運転に必要な「けん引免許」と「大型特殊免許」を取得してからJGSへの入社を果たした。

http://www.otoku47.com/author/xzccvbng/ http://www.inupic.com/content/users/212

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 9番スポットに徳島からやっ... | トップ |   

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。