GFC釣行記@五橋漁協

 ある時は庄内沖、またある時は陸奥湾、そして時々仙台湾に繰り出す、釣り好きおぢさん達の気まぐれ釣行記!

荒食いの秋マダイ in 源氏ケ浦2016

2016年10月14日 | 日記

 荒食いの秋マダイを求めて、いつもの源氏ケ浦へ。

 今回も遠征メンバーは、Shigeharu親分、Nakagawaさん、Nakagamiプロ、Naritaさん、kikuchiさん、Koizumiさん、そしてWatanabe。

 現地ではKenさん、そして今回はOikawa支店長も合流。

 今回は、何となくですが釣れる予感がしていました、数日前からなんか釣れそうな感じ。

 そんな気持ちを胸に釣具店で買い出し。

 いつものエサの他、アオイソメとちょっと良いエビを追加して、頭の中は既に爆釣モード。

 待ち合わせ場所のShigeharu親分宅でハイエースと電気ランダーに分乗し、いざ源氏ケ浦へ出発!

【雲がかかった岩手山】

 

岩手山SAを過ぎてから、何故か間もなくまたPAへ?

(SA・PAスタンプラリー部さんより引用)

 

 するとNaritaさんから「今、Kenちゃんから連絡があって、船のエンジンが故障した」とのこと。

 どうやら中止の方向だったようですが、Naritaさんから既に畑PAまで来ていることを伝え、代わりの船を探してもらうことに。

 突然の事態に目の前真っ暗(仙台に帰る?・・・)。

 この天候ならほとんどの船が予約で埋まるはずなので、飛び込みの貸切はまず無理。

 せめて2船に分かれてでもいいから出港して欲しいと祈っていると、車から降りてきたNaritaさんが「○」の合図、しかも貸切で船頭Jrのコージ君も同乗とのこと。

 ほっと胸をなでおろし、現地到着&KenさんOikawa支店長も合流。

 

【番屋会談】

 

 

 

 

 釣り談義に花が咲き、いつの間にか日付も変わり午前1時。

 空を見上げると、満月の夜にも関わらず星がすごくきれいで、オリオン座がきれいに見えました。

 やはり、なんか釣れそうな予感が・・・。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 源氏ケ浦仕様の豆テンヤ思案中。 | トップ | 出港! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL