GetUpEnglish

日常よく使われる英語表現を毎日紹介します。毎日日本時間の午前9時までに更新します。英文執筆・翻訳・構成・管理:上杉隼人

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊 カリーナ・スミスの冒険

2017-07-01 07:28:41 | おススメ

  もうすぐ発売です!

****************************************************************************

『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊 カリーナ・スミスの冒険』は映画の「もうひとつの物語」で、これを読んでおくと、『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』が100倍楽しめます。

 講談社海外キャラクター

ノベル:ルースー,メレディス 監督:ローニング,ヨアヒム 監督:サンドベリ,エスペン 訳:上杉 隼人 訳:広瀬 恭子

 

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊 カリーナ・スミスの冒険

 

内容紹介

 

大人気映画「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」を、物語のカギを握るカリーナの視点から描いたジュニア・ノベル。

一体あの日記はどんなものだったのか? カリーナはなぜ天文学に詳しいのか? カリーナとヘンリーの心が通じ合う理由は?映画を観ただけではわからないことがたくさん書かれているので、読めば映画が100倍楽しめます!

 

孤児院育ちのカリーナに父が残してくれたガリレオ・ガリレイの日記。

その日記に隠された謎を解き明かすため、カリーナはイタリア語、そして天文学をまなび、とある島へ旅立つ。

そこで出会った青年ヘンリーと、酔っぱらいの海賊、ジャック・スパロウとともに冒険へと繰り出す。バルボッサや、ジャック・スパロウを憎むサラザールと対峙する中、カリーナ達はついに小島にたどり着くが――?

 

(C)2017 Disney

製品情報

製品名 パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊 カリーナ・スミスの冒険

著者名 ノベル:ルースー,メレディス 監督:ローニング,ヨアヒム 監督:サンドベリ,エスペン 訳:上杉 隼人 訳:広瀬 恭子

発売日 20170703

価格 定価 : 本体880円(税別)

ISBN 978-4-06-220668-6

判型 新書

ページ数 200ページ

著者紹介

ノベル:ルースー,メレディス(ルースー,メレディス)

監督:ローニング,ヨアヒム(ローニング,ヨアヒム)

監督:サンドベリ,エスペン(サンドベリ,エスペン)

訳:上杉 隼人(ウエスギ ハヤト)

訳:広瀬 恭子(ヒロセ キョウコ)

http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784062206686

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« BE IN ONE’S ELEMENT   | TOP | BE OUT OF ONE’S ELEMENT »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Recent Entries | おススメ

Similar Entries

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。