GetUpEnglish

日常よく使われる英語表現を毎日紹介します。毎日日本時間の午前9時までに更新します。英文執筆・翻訳・構成・管理:上杉隼人

ISSUE

2017-07-29 08:25:04 | I

 issueはいろいろな意味で使われる。

 今日のGetUpEnglishはこの表現を学習する。

  動詞としては「(宣言・命令などを)出す」の意味で使われる。

Practical Example

  "The Airline company issued an apology to all passengers who were stranded by canceled flight."

  「その航空会社はフライトのキャンセルで足止めされた顧客全員に謝罪した」

Extra Point

  「(切手・通貨などを)発行する、出版する」の意味でも使われる。

Extra Example

  "This stamp was issued in 2011."

「この切手は2011年に発行された」

☆Extra Extra Point

  名詞でも「発行物、(雑誌・新聞などの)号」の意味でも使われる。

★Extra Extra Example

 "I’ve got an unopened issue of STAR WARS THE FORCE AWAKENS INCREDIBLE CROSS-SECTIONS that is still in mint condition."

 「僕はまだ開封していない新品同様の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒 クロス・セクション TIEファイターからミレニアム・ファルコンまで全12機の断面図から仕組みを徹底解析』も買って持っています」

  http://blog.goo.ne.jp/getupenglish/e/449dc7b2e39632ae812ae0106a4a4f4a

Extra Extra Extra Point

  名詞では「問題の争点、問題点」の意味で使われる。

※Extra Extra Extra Example

  "The municipal authorities have launched an initiative to settle the issue by proposing a solution."

 "I hope things will move towards a settlement soon."

 「市は解決案を提示して事態の収拾に乗り出した」 

 「早期解決を望むよ」

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« SORE POINT | TOP | MANTLE »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Recent Entries | I

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。