月刊美術編集部ブログ

アートにどっぷりとひたる毎日

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

京都造形芸術大学に行ってきました

2010年02月18日 | 管理人兼水泳部員N
京都造形芸術大学に石景萍(セキ・ケイヘイ)さんを訪ねました。

うっすらと浮かび上がってくる肖像は人の顔を記憶から引き出してくるときのあの残像のようなおぼろげな感じを表しています。ちなみに写真の作品のモチーフはまだ幼い娘さんとのこと。同様の技法で兵馬傭や兵士を描いた作品や、ビニールの向こうから浮かび上がってくるような人物像、さらに立体までありました。制作の幅の広く博士課程とはいえ学生の域を大きく超えた気鋭のアーティストです。

次号でも紹介しますが、清水寺の成就院で個展を開催されるので、関西方面の方はぜひご覧ください。

石景萍研究制作展
3月29日(月)~4月11日(日)
清水寺本坊・成就院
京都市東山区清水一丁目

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック! 素晴らしい すごい とても良い 良い
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 冬の晩餐会 | トップ | 銀座ランチ004 京野菜のおい... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

管理人兼水泳部員N」カテゴリの最新記事