GES進学ブログラブ -知の感動-       高校生

GES進学予備校からの高校生へ、情報、学問&実学、受験、脱・大学終着点メッセージ。
www.gesnet.co.jp

ドーパミンとノルアドレナリン分泌効果

2017年07月25日 07時27分49秒 | 学習・進学
ドーパミンは、報酬系脳神経伝達物質であるため、
成功した時に分泌する神経ホルモンです。

毎日、小さな成功を積むこと(積小為大)により、
ドーパミンが分泌され、感情が高ぶり、
次へのやる気が出る。
これが、「やる気スイッチオン」である。
これを繰り返し、大きな目標へ近づいて行く。

只、何に関して小さな成功するかで、場合によっては
様々な悪習慣依存症(addction)に陥る。

従って、自己の目標とする対象に向かって
ドーパミンを分泌させるようにしなくてはならない。

「やればできる」という言葉はよく耳にするが、
「やらないからできない」が裏である。

やる能力がない、ならば、やる能力を付けなくてはならない。

そこで、まずは、ノンアドレナリン分泌が
必要となる。ノルアドレナリンは士気ホルモンであり、
これを分泌させることで、「やれば」を「やるので(ため)」に変えることができる。

この分泌を起こすために、セロトニンを
まずは分泌させ、結果、メラトニンを分泌させ、よい生活リズムを作る。

セロトニンとメラトニンは前回の掲題の
内容で述べたように、朝日を適切な時間浴びることから始まる。
人間も植物の光合成同様に太陽光が生きるためには必要なのである。
セロトニンを生成するという目的で。

このセロトニンが適切に分泌され、ノルアドレナリンが直ぐに分泌されるようになり、「やればできる」の命題を完遂させる。

「やらないからできない」は、根源は
セロトニン欠乏と言っても過言ではない。
※但し、セロトニンの原料トリプトファンは摂取しておかないと生成されない

ノルアドレナリンの分泌があって、初めて、
ドーパミンは分泌されるため、小さな成功は次の工程で行われる。

セロトニン→ノルアドレナリン→ドーパミン

これらのモノアミン系神経ホルモンは学習するためにも、
重要な物質であるため、学校学習、進学を
するためには、ここを考えず、我武者羅な
努力だけでは、中々、目標は達成できるものではない。

即ち、努力できるも脳科学が大前提にある。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

GESプレップスクール宇部校【高等部】フリーアクセス0120-930-071