KITORI

キトリ号笹舟日記

6月に読んだ本

2017-06-28 | 読書のページ

長流の畔    流転の海 8巻

宮本輝著

1部が出てから35年たつ 9部で最終編となる。野の春 (執筆中)
長い長い年月 ずーっと読み続けて自分も本の中の一人となっているような気持ち
がする。主人公の妻になっているような・・・・
とにかく 福島(大阪)の地は自分が生まれ育った土地だけに 出てくる街並は ああ
あの辺や...懐かしい地名の出るたび 昔の生活の思い出が重なって 年代も同じころ
であるからよけいなじめるのである。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月に読んだ本

2017-06-22 | 読書のページ

ウイザート・ナイト   ナイトⅡ

ジーン・ウルフ著

特別な剣エテルネを手に入れた主人公騎士としてドラゴンと戦うところでこのナイトⅡは終わる。  異次元の世界を描くこの書の魅力は私には理解しがたいものがあるが
話はウイザート―1へと続くのです。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2度目に咲いたデンドロリュウム

2017-06-17 | Weblog

お正月がすんだ頃 満開だったデンドロリュウムが又咲きだした。
二度も楽しませてくれました。

咲き始めたころ

今 花 全開です。

3本の花立ちです。ご苦労さん涼しい影に植木鉢を置き換えて楽しんでおります。
高芽も数本出てきましたまとめて別植え致します。3年たてば花芽も付くでしょう
私その時まで 元気でおられるでしょうか?小鉢に咲く花を思って頑張らねば・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月に読んだ本

2017-06-01 | 読書のページ

ウイザード ナイト

ナイト 1

ジーン・ウルフ著

ナイト2 ウイザード1 ウイザード2 へと続く。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年 仲良し会 佐和山篇

2017-05-26 | Weblog

5月24日~25日  

1年に一度 七夕様の様に彦星と織姫の仲良し会が開かれます。
今年は思わぬ雨になりました。小雨ではありましたが・・・
我々お天気 男と女 のはずでしたが~80才を過ぎてよりパワー不足になったのでしょうか? 時々傘をさすことがあるようになりました。

今回も地元のM君のご尽力で 佐和山 井伊家の菩提寺龍潭寺を訪れました。
会場 食事 バスの便 など色々お世話頂きました。
キュウコウさん ほんとにありがとうございました。
M・K君 幹事ご苦労様でした。

 皆 楽しそうですね。

会からの 糸切り餅のお土産 嬉しかったです。
M君からの お土産は 幻の魚となりつつある 子持ちもろこ に よごみ団子
滋賀の名物 何年ぶりかで頂いたもろこは格別のお味でした。
御心遣い 皆様からも色々頂きました。ありがとうございました。

今回は雨のため 画像が少なくて.....残念でした。
N・N君 Y・N君へ   皆からの寄せ書きを託しました。

Y・N君 奥様のご快癒 お祈り申し上げます。
皆元気で 生き生きと メンバーのお顔の幸せな事 感謝の一言に尽きる2日間でした。 又 来年 米原駅で逢いましょう。

癒されて 八十路の集い 青葉風  横浜のYちゃん

青葉風 と受けて

青葉風 友に手取られ 龍潭寺    大阪 k・F

滋賀のK・M君 貴男の大きな手の温もり 忘れません・・・・・
             皆さんお元気で・・・・・

 

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

4月のベランダ

2017-04-25 | ベランダガーデニング

ラナンキュラスが満開です。


クレマチス 紅車 の蕾 紫 白 えんじ と一杯蕾が乗っております。
花いじりをしているときが 何とも楽しいです。いつも父に語り掛けている
自分がいます。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

4月に読んだ本

2017-04-19 | 読書のページ

わが 孫育て

佐藤愛子著

老い力

佐藤愛子著

昔一度読んだと思うが もう一度読んでみた。痛快 老いることが面白くさえ感じるのです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

補佐支えバー

2017-04-18 | Weblog

立ちあがりが難儀になってきました。ミポ姉ーさんが色々探して手軽で持ち運びが楽な支えバーを買ってくれました。
お陰様で 立ちあがるのが ずーっと楽になりました。
  


色々助けてもらわなくては ならない様になってきました。
頑張らなくっちゃー まだまだ元気・・・・・

 

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

4月に読んだ本

2017-04-10 | 読書のページ

隔離小屋

ジム・クレイス著

このストーリーは未来のアメリカ  フエリータウンでの出来事 地すべりが起き 湖の底にあった 産業廃棄物その他の腐敗物が地上に吹き上げられ発生したガスにより 村全体が一人残らず
死亡した。そして伝染病に侵されて高知の隔離小屋に残された娘と体を壊し兄弟に見放された旅人
が生き残った そうしてこの物語が始まる。生きると言うことを考えるにはあまりにも残酷な物語であるが 巧妙に顔を出すユーモアと皮肉に助けられて 完読した。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月に読んだ本

2017-03-28 | 読書のページ

満月の道 ( 流転の海シリーズ 第7巻)

宮本輝著

9巻でシリーズは終わるらしい。8巻長流の畔 が待ちどうしい。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加