崇徳の呟き(あれやこれや)

とにかく偏見勝手に呟きます

担任の心ない言葉に深く傷付いた生徒

2017年07月23日 | 新聞の投稿に勝手に呟く
先生は自分の一言が教え子に与える影響の大きさを判っているのでしょうか?

運動部に所属する高3の男子に関するお話。

大好きな運動部で日々汗を流し猛練習をしている。

経済的な理由で、大学進学を諦めていたけれど、家族が 進学の資金を工面してくれて後れ馳せながら、受験勉強をはじめた。

全国模試とクラブ活動の合宿日と重なり、顧問に相談すると、顧問から
「偏差値の低い君が模試を受けても、無駄」

要約するとこんな内容が相談した男子生徒に投げ掛けられた。

男子生徒は物凄く傷付きでも、模試を受けたい気持ちと合宿を優先か...の狭間で悩んでいるそうです。

また、別の学校では、同じように高3の生徒が先生に
言われた一言。
その学校は一斉模試の数学の平均点で県内一位の称号を得るべく毎朝「0時限目」と称して高3対象の単元を教えていたそうですが、その単元が苦手な生徒に向かって「君が受験したら平均点が下がるから受けるな❗」
そう言われた生徒は受けない選択をしたそうです。

一体誰のための模試試験なんだろうか?

平気でこのような言葉を投げ掛ける先生は、自分のためなんだろう。
自分かわいさしかないだろう

無神経な言葉に深く傷付いた生徒に誰が手当てが出来るだろうか?

いじめの隠蔽
セクハラの隠蔽
成績表の紛失隠蔽
不倫の隠蔽
生徒に対するパワハラ隠蔽

学校内では囲われていて少しも開けていない。

父兄との連絡を密になんて口先ばっかりだ

息子達も気を付けなければ
彼らも思った以上に繊細だから
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トースト | トップ | 男の嫉妬 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

新聞の投稿に勝手に呟く」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。