げりげ NO 日記

気まま思いつくままに記します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ぬきがき抄 『サピエンス全史』より

2017年04月29日 | ざれごと

「 普通の郵便だけだった時代には、人々は何か大切な用事があるときだけ手紙を書いた。
 頭に浮かんだことをそのまま書くのではなく、自分の言いたいことをどのような言葉で言い
表すかを慎重に考えた。
 そして、相手からも同様に、よく考えた返事が戻ってくるものと思っていた。
・・(略)・・・・
  ところが今日では、私は毎日何十通も電子メールを受け取り、相手はみな、迅速な返答を
期待している。
 私たちは(時間を節約して生活にゆとりをもたらしてくれるはずの、無数の機械や手段を発明し)
時間が節約できると思っていたのに、逆に人生の踏み車を以前の十倍の早さで踏み続ける羽目
になり、日々を前より落ち着かず、いらいらした思いで過ごしている。」

   『サピエンス全史 (上)』2011 ユヴァル・ノア・ハラリ著 柴田浩之訳 2016

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「 はと ( 鳩・鴿 )」 | トップ | 「 カナリヤ ( 金糸雀 ) 」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL