Che bello!

わぁ~すごーい!

大津袋…ではなく貴人点のお稽古(お稽古日誌 2010年6月5日)

2010年06月09日 | 茶道/お稽古日誌(裏千家)
6月最初の土曜日、お稽古に伺うとすでにCiさまの貴人点のお稽古がはじまっていました。
先生にごあいさつをすると、karuさん、半東をして下さい、はい!
さっと、帛紗をつけて、お茶室ににじって入って、控えのポーズ。うん、うん、わたしもなかなか慣れてきたものだーと、自分で自分を誉めたのもつかの間。貴人さまのお茶碗をお下げするときに、懐から扇子がポトっ…あーーーーっ、扇子を水屋に置いてくるのを忘れた!と、思うヒマもなく「帛紗をつけたら扇子は持たないものですよ」と先生のお言葉。はいっ。
ふぅ~~まだまだですねぇ~。

さて、今日のお稽古は、先週かっさまが大津袋のデモンストレーション(?)をして下さっていたので、てっきり大津袋だと思っていましたら、先生のkaruさーん、貴人点の用意してくださいのお声。
えーっ、大津袋ではないのですかーーーーっ?
そしてお稽古がはじまります。貴人台にお茶碗が乗っているだけで運ぶ手は一緒のはずなのに…なぜか右手で貴人台の右の羽を持ち、左手をほうずきとお茶碗に添えたkaru…実はその直前、お菓子器を運ぶときも同じ手で運ぼうとしていたりして…。
今日、貴人台の上に乗っていたお茶碗は、帰山窯の井高通先生のあの薄いピンク色のお茶碗です。相変わらず、手に取った感触はやわらかく、なめらかで、うっかり手から滑り落ちてしまわないかとドキドキ。
貴人点のお稽古ということもあって、両手で丁寧に扱わせていただきました。
ジャンル:
習い事
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« はじめての… | トップ | 厩橋の下から »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
アジアンテイスト大好き! (いけっち日記 )
アジアン雑貨やインテリア,お洋服が大好き