Che bello!

わぁ~すごーい!

ブルーベリーを食べ比べました

2008年07月31日 | ベジフル
今年初、日本ベジタブル&フルーツマイスター協会のベジフルメンバーズクラブ、ブルーベリーのワークショップに参加しました。
講師は、NHKの趣味の園芸で、ブルーベリーのガーデニングでの楽しみ方などにも出演されている、小池洋男先生です。
お教室に入ると、ほのかに何ともいえないブルーベリーの香りが漂っていました。

ブルーベリー食べ比べ


ブルーベリーについての講義内容はかなり本格的で、ブルーベリーが野生から品種改良されてどのような種類のものがあるのか、それらの地域的な分布と特色、世界のブルーベリー産業の今、成熟、収穫、出荷について、園芸用として育てる場合の注意点、様々な品種のブルーベリーの特徴など、あっという間の1時間半近く。
難しく感じるところもありましたが、なるほどーっと感心させられるところが沢山。

たとえば、

①ブルーベリー一粒に、65個の種が入っている

②収穫すると、後熟しないため、収穫の時期の見極めが難しく、収穫する人には経験が必要だとのこと。
ちなみに、収穫時期は、青くなってから10日後くらい、実が柔らかくなりすぎないうちに収穫すると、甘くて美味しいそうです。
青くなったからといってすぐに収穫してしまうと、かなりすっぱいブルーベリーになるそうです。
だから、すっぱい!と感じるのは収穫時期を間違えてしまったブルーベリーなんだそうですよ。

③ブルーベリーは洗わないで食べた方が美味しい
表面についている白い粉状のブルームは、何かに触れるとすぐ落ちてしまいますが、これが落ちると、味も一気に落ちてしまうんだそうです。
洗わないで食べるなんて不衛生と思われるかもしれませんが、収穫時の衛生管理は、アメリカなどでも大変気を遣っているため、なるべく洗わないで食べたほうがいい、とのことでした。
美味しいブルーベリーを買うときの目安にもなりますね。

④ベリー仲間のラズベリー、日本では梅雨の時期が収穫の時期で、すぐに痛んでしまうため、生食では出荷されない
常々、生のクランベリーやラズベリーが簡単に安く食卓に並ぶヨーロッパやアメリカの人々が、以前からとっても羨ましかったので、どうして日本ではそれができないんだろうと思っていたのですが、納得!ですね。
でも、イギリスなんかの普通のお家で、お皿に山のように盛られたラズベリーやいろんなベリーに、ヨーグルトかけて食べたりしている写真を見たりすると、あーーーーっ、羨ましぃ~ってしみじみ思ってしまう。

などなど。

そして、待ちに待った、食べ比べ。
テーブルの上には15種類のノーザンハイブッシュブルーベリー(アメリカ17州、カナダ3州、ヨーロッパ、オーストラリア、ニュージーランド、チリなどで、商業用として世界でもっとも多く栽培されている)が並んでいます。
まずは、Duke(デューク)とSierra(シェラ)、両方ともちょっと大きめの粒で食感もしっかりしていて、甘みと酸味のバランスも良かったです。もうちょっと香りを感じたかったなー。
Duke(デューク)は、ジャムにするのにぴったりな品種だそうです。

Duke(デューク)とSierra(シェラ)


次は、Blueray(ブルーレイ)とHarbert(ハーバート)、Harbert(ハーバート)は、果肉がとろっとしていて、他のブルーベリーとは食感が少し異なっていました。

Blueray(ブルーレイ)とHarbert(ハーバート)


Dixi(デキシー)とJersey(ジャージー)
Dixi(デキシー)は、形が丸みを帯びた四角っぽい形。大きさ、食感、甘み、酸味、香りのバランスがとてもいいと思いました。
Jersey(ジャージー)は、ブルームが少なめ、とっても甘かったです。

Dixi(デキシー)とJersey(ジャージー)


こちらは、Blueheaven(ブルーヘブン)とE-170。

Blueheaven(ブルーヘブン)とE-170


生産されるブルーベルーの50%を占めるBluecrop(ブルークロップ)と、Bluechip(ブルーチップ)
両方とも、とーってもすっぱくて、これらは、完熟前のものかも・・・特に、Bluechip(ブルーチップ)は、完熟果の食味は優れているけれど、完熟前は酸が多めとのこと。

Bluecrop(ブルークロップ)と、Bluechip(ブルーチップ)


Darrow(ダロウ)とNelson (ネルソン)、特にDarrow(ダロウ)はすっぱかった!完熟だとまろやかな酸味なんだそうですが・・・。

BluecropDarrow(ダロウ)とNelson


500円玉とも言われるChandler(チャンドラー)とHarrison(ハリソン)

Chandler(チャンドラー)とHarrison(ハリソン)


香りと甘みがとってもよくて、これが一番美味しいと思ったStar(スター)

Star(スター)


そして、最後はミックスしたブルーベリーのジャム。お砂糖を20~25%程度に抑えて作ったジャムだそうです。
先生の奥様が作られたとおっしゃっていましたよ。フレッシュで、とーっっても美味しかったーーーー。

ミックスベリーのジャム


長野のブルーベリーまだお取り寄せできるかな・・・
ヤスダのヨーグルトをかけていただくの、すごく好きなんですよねぇ~。
こんなに美味しいジャムになるなら(いつも、失敗気味だけど・・・)、ジャム作りにも挑戦したいです!
あいかわらず、食べ比べて評価するのは難しいのと、もっとじっくり、形や色、ブルームの様子もチェックしてくればよかったなぁ~と反省点ばかり。
でも、今まで知らなかったブルーベリーのお話を聞けて、こんなに沢山の品種の食べ比べができて、今回もとっても楽しかったです。
ジャンル:
おもしろい
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鱸の子はフッコ | トップ | 眞々田さんのお茄子 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
驚きです (pika)
2008-08-06 09:38:33
暑い日々が続いておりますが、相変わらず活発に活動されていますね

ブルーベリーにこんなにたくさんの種類があるとは、恥ずかしい事に知りませんでした。
驚いております。
こんなに色々な種類のブルーベリーが食べられたなんて貴重なワークショップでしたね

Unknown (karu)
2008-08-07 09:53:13
pikaさん、こんにちは
暑くて、結構ぐったりなんですけど、
食べ物や調理道具を目の前にすると、なぜか元気が出ます
わたしも、ブルーベリーにはびっくりしましたよ!
これらの品種はほんの一握り。
しかも、ラズベリーやブラックベリー、カシスやクランベリーなんて含めたら、もう、くらくらします。
ブルーベリーの全体像が見えて、本当に貴重なワークショップでしたよ。

pikaさん、先月は鈴木先生のレッスン行かれましたか?
わたしは次、行けるとしたら、9月のレッスンになっちゃいます。
また、お会いできるの楽しみにしています
Unknown (pika)
2008-08-08 20:51:41
先月も参加しましたよ。
メンバーが全然違い初対面の方々ばかりでしたよ
でも、またまた楽しい教室でした

今月も申し込み済みです
karuさんは来月なんですね~。
来月はまだ未定の私ですが、こちらこそまたお会いできるのを楽しみにしています
karu (Unknown)
2008-08-11 09:52:09
先月から、パウンドケーキですものねー
鈴木先生のレッスン、多彩です。
9月、行けるようにしたいと思います

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。