名のもとに生きて

人の一生はだれもが等しく一回かぎり。
時代の波にゆられつつ生きた先人の
気高い精神に敬意を表して、その生涯を追う

ラスプーチン殺害 ドミトリ・パヴロヴィチ・ロマノフ

2015-07-03 00:18:55 | 人物

ラスプーチンを殺害した皇族であり
後年ココ・シャネルの愛人に
ドミトリー・パヴロヴィチ・ロマノフ
Dmitri Pavlovich Romanov
1891~1942





ロシアロマノフ王朝末期の皇族で、ニコライ2世の叔父パーヴェル・アレクサンドロヴィチ・ロマノフの子息、ドミトリー・パブロヴィチ・ロマノフ大公(1891~1942)と、ウラディミル・パブロヴィチ・パーリィ公(1897~1918)のふたりの生涯を追います。

ドミトリーとウラディミルは父親は同一で異母兄弟なのですが、姓がロマノフとパーリィ、また敬称も大公と公、違っています。
その事情も記します。
今回は、年長のドミトリーについて。


1.ドミトリー 幼少~青年

ドミトリーの父パーヴェル・アレクサンドロヴィチはロシア皇帝アレクサンドル2世の6人の息子(前妻)のうちの末子であり、次兄がアレクサンドル3世、最後の皇帝ニコライ2世はアレクサンドル3世の子であり、パーヴェルには甥にあたります。つまり、ドミトリーとニコライは従兄弟です。



ドミトリーはパーヴェルの第二子、長男として誕生します。
この誕生は事故により引き起こされたものでした。妊娠中の母がボートによる事故で早産を引き起こし、7ヶ月での早産、数日後に母は亡くなりました。困惑する父パーヴェルに手を貸し、生存が困難と目されたドミトリーを世話したのはパーヴェルのすぐ上の兄セルゲイです。
セルゲイはベビーベッドのまわりを湯を入れたボトルで囲み保温して、未熟児を無事に育てました。幼い頃から友人のように親しい兄セルゲイとその妻エラの助けを借りて、子供達は育てられました。


ドミトリーの父パーヴェルと母アレクサンドラ・ゲオルギエブナ(ギリシャ大公女)


パーヴェル(左)と兄セルゲイ 幼少時

妻亡き後の父パーヴェルは、平民の人妻オルガ・カルノヴィチ・ピストリコルスと不倫を続け、彼らの最初の子ウラディミルの誕生後に結婚を望みますが、貴賤婚にあたるため、皇帝によって国外追放を言い渡され、1902年に渡仏、パリで新家庭を築きます。この一件は当時の宮廷で最大のスキャンダルであり、ロマノフ家の威信を傷つけて皇帝を苦しめました。
パーヴェルの子マリアとドミトリーは国内在留を認められ、セルゲイが後見人となり彼らを養育しました。
セルゲイの妻は皇后アレクサンドラの姉エラことエリザヴェータ・フョードロブナです。この夫妻に子供がなかったのは、セルゲイが同性愛者だったからのようです。皇后の姉であるエラは、血友病の保因者であった可能性もありますが、子が出来なかったため不明です。


1才上の姉マリアとドミトリー



養父セルゲイ、養母エラと


マリアとドミトリー


1905年、モスクワ総督をしていた養父セルゲイが暗殺され、エラは自らの意志で修道女になる道を選びます。そのため、以降、ドミトリーとマリアはツァールスコエ・セローのアレクサンドル宮殿でニコライ皇帝一家と同居しました。

皇帝ニコライは、ドミトリーの若者らしい自由闊達さ、明るく健康的な性格を気に入り、好んで一緒に散歩を楽しみました。日記には夕食後にドミトリーとビリヤードをした、あるいはゲームをしたことなどが頻繁に、またアレクセイとドミトリーと3人で入浴したことなども書かれています。
別の家庭を築いて国外に行ってしまった実父、厳格な養父らとは父子のあたたかい触れ合いが得られなかったドミトリーですが、23歳違いの従兄の温厚なニコライとは、父子のような兄弟のような、良好な関係でした。皇后アレクサンドラも、当初は彼の気の利いた冗談を楽しみ、病児を抱える、神経の張り詰めた生活のなかで、安らぎを得ていました。
1912年頃には、第一皇女オリガとドミトリーの婚約がささやかれるようになりました。




エラ、マリアと


左からドミトリー、第1皇女オリガ、姉マリア

スウェーデン王子のもとに18才で嫁いだ姉マリアだが数年で離婚
これもロマノフ家の不信を買う事となった




2.ユスーポフとの出会い

背が高くスマートな美男子、決闘好きで放蕩、近衛連隊に所属し、彼が馬を駆って現れると誰もがその美しさに溜め息が漏れる。それが1912年頃のドミトリーの姿でした。




オリンピックストックホルム大会 馬術に出場

加えて、1912年の第5回オリンピックストックホルム大会の馬術に出場し、第7位の成績。
その頃はまだドミトリーは皇帝一家と同じ宮殿で暮らしていましたが、当時、皇帝のもとにはラスプーチンが頻繁に来訪していました。
ラスプーチンの、我が物顔で振る舞うさまが宮廷内や側近、庶民にまでよく思われておらず、皇帝一家のほど近くで暮らすドミトリーは嫌悪感を露わにしていました。ドミトリーのその態度が、ラスプーチンを盲信する皇后には腹立たしく、次第にドミトリーを遠ざけるようになりました。
しかし当時のドミトリーでさえも、皇太子の絶望的な極秘の病気のことは、知らされていなかったようで、革命のあとになってそれを知り、自分がラスプーチンを暗殺したことが皇帝を苦しめることになったことを悔やんだといいます。


皇帝家族とともに暮らす
右 ドミトリー 中央 皇太子アレクセイ



皇后アレクサンドラと


皇帝専用ヨット シュタンダルト号にて


皇太子アレクセイが帽子をつかんでいるのがオリガ
婚約が噂されていた


しかし。
次第に窮屈に感じていた宮廷生活の折に、ドミトリーは衝撃的な出会いをしました。
オックスフォード大学に留学していたフェリックス・ユスーポフがイギリスから帰国したのです。
フェリックス・ユスーポフは1887年にロシアで最も裕福な貴族の次男に生まれ、10代のうちから兄と共に放蕩の限りを尽くした御曹司です。


フェリックス・ユスーポフ


ユスーポフの家族
左手前 フェリックス


遊び人の兄に夜の世界へ連れ回され、12歳にして初体験、その歳で家庭教師に導かれて娼館へも。
艶かしい面差しのフェリックスは、兄の思いつきにより、女装をして夜の街に繰り出しました。言い寄られてその気にさせ、いよいよ、というところで逃げ去るというスリリングなゲームを夜毎楽しんでいました。
パリでは、あの好色のエドワード7世(英王太子時代)のお声が掛かったほどです。



なるほど、女装をしていてももちろん、していないときでも男性に求められる、妖艶な美男子であり、彼自身も同性愛を楽しみました。
そんなフェリックスにドミトリーは夢中になりました。フェリックスは歳はドミトリーより3つ上であり、自分が兄にしてもらったことを同様にドミトリーに経験させました。
1912年から1913年、ほとんど毎晩ふたりで出かけて行ったといいます。
ちなみに、フェリックスの兄は恋愛沙汰で決闘に破れて既に死去、フェリックスはロマノフ家をしのぐ資産を持つといわれるユスーポフ家の跡取りとなっています。

ドミトリーのこの放蕩生活はニコライを悩ませました。特に、同性愛性向に。
一方、皇后とラスプーチンにとってはドミトリーを追い出し、婚約破棄をせまるには好都合でした。ドミトリーは結局、宮廷を去り、婚約も立ち消えとなりました。

しかし、フェリックスとの間に確執が起きます。
フェリックスが帰国したのは、実は結婚のため。相手は皇帝の姪で、その美貌で知られるイリナ・アレクサンドロヴナです。ところがドミトリーもイリナに惚れてしまい、なんと求婚します。
しかし、イリナはフェリックスと結婚します。ドミトリーの求婚は、自分がフェリックスのために皇女との婚約破棄までし、宮廷も去ったというのに、フェリックスはあっさり結婚してしまう、その腹いせだったのではと言われています。その本当のところは不明ですが、その後フェリックスとは一旦疎遠になりました。


ドミトリーは皇帝の宮殿を出て元セルゲイの邸宅に一人で住んだが、軍の本営では従前通り皇帝や皇太子とともに過ごしていた







ドミトリーとフェリックスの妻イリナ


3.ラスプーチン殺害

ロシアは第一次大戦に参戦。苦戦を強いられる戦況のなか、皇后がかねてから敵視していた総司令官ニコライ・ニコラエヴィチ(ニコライ皇帝の叔父でニキ・ニキと呼ばれていた)を失脚させようと、皇后は躍起になっていました。
皇后は執拗に、本営に詰める皇帝にニキ・ニキの更迭を求める手紙を送りますが、皇帝はなかなか応じてくれません。皇后はその要因の一つとして、皇后に反感を持つドミトリーが皇帝の近くに配属されているからだとも考え、ドミトリーをもっと危険な前線へ送れとも要求しました。皇后は次第に内閣の人事にも手を出し、その乱脈によりラスプーチンに機嫌を取られながら内閣や議会を崩壊に至らしめました。皇帝がやんわりと、ラスプーチンの意見をあまり聞かないようにと諭すと逆上して、では皇太子の命はどうなるのか、と脅してかかる有様でした。とは言うものの、むしろこの時点では皇后にとってラスプーチンは皇太子のためというより、自分の保身のためにラスプーチンを頼っているようなものでした。


ラスプーチン

皇后のこうした暴走を皇帝が阻止できないため、ロマノフの親類たちは手を打とうと動き出します。しかし説得するため引見しても、そもそも親族を嫌う皇后は誰彼構わず追い返し、一層頑なになりました。皇后はとうとう姉エラさえも追い返しました。

そこで、持ち上がったのがフェリックスらによるラスプーチン暗殺計画です。
フェリックス・ユスーポフ公、ドミトリー・パブロヴィチ大公、ブリシェケヴィチほか医師1名が計画、実行しました。

フェリックスは数ヶ月前からラスプーチンに接近し始めます。ラスプーチンの家まで通うほどの親しい関係を築きながら、彼の生活を偵察します。
そして、美人の妻イリナに会わせると言って深夜に自邸に呼び寄せ毒殺する計画を立てました。イリナは計画に尻込みしクリミアに留まったため、イリナ不在を悟らせないよう、〈彼女は急な来客で階上でパーティーをしているが、間もなく会が終わってこちらへ来る〉という設定で半地下の食堂でフェリックスと待ち、その間に毒殺するような演出にしました。


ワインとケーキに毒物を仕込んだがいずれもほとんど効かなかった

一般的に、この暗殺の首謀者はユスーポフということになっており、ドミトリーは監視役などでしか関わっていないと、事件後の証言でも後のユスーポフの著作でも明言されていますが、実際はドミトリーが首謀者だったと考えられています。それは、ドミトリーはロマノフ家の者であり、ロマノフ王朝の危機をフェリックスより強く危惧する立場だったことから、当然、誰にとっても明白のことでした。しかし、皇位継承の可能性のあるドミトリーが殺害に関わったとなれば不利益であり、「大公はその手を血で汚さなかった」ということを明言せねばなりません。そのためのプリシェケヴィチの証言であり、ユスーポフの著作だったのです。
計画はそこを十分配慮してなされたのですが、予期せぬ事態として、毒殺に失敗したのです。
一人でラスプーチンの相手を続けるフェリックス、階上で待機する3人、イリナが現れないまま2時間が経過。ユスーポフは上の様子を見てくると言って階上に相談に行き、あやしまれる前に第二の計画の射殺に切り替えました。銃はプリシェケヴィチが用意したものです。


ドミトリーの自動車

背後から隠し持った銃で射殺して、医師が息のないのを確認し、ユスーポフとプリシェケヴィチは遺体を川に遺棄する準備をします。その間に大公は女中を自動車で送ろうと外に出て行きました。
するとほどなくして遺体が息を吹き返し、フェリックスに襲いかかったのです!
そして遺体は中庭に飛び出し、道に出ようと門に向かう、その背後をプリシェケヴィチが2発撃つが空を飛んで外す、しかしその後の1発がラスプーチンの脚をとらえ、続けて1発で後頭部に命中、そこで走り出した遺体はようやく動かなくなった。

そのまま遺体は自動車で運び川に投げ込まれたが、のちの検死の結果、死因は水死、つまり射撃では絶命していなかったのでした。

翌朝には、ラスプーチンが行方不明であることから既に暗殺が騒がれ、暗殺者もユスーポフであると語られるばかりでなく、もうすでにドミトリーが関わっていることはロマノフ家の皆は知っていました。

その夜、異母弟ウラディーミルおよび継母オリガ、実父パーヴェルの家で催されたサロンコンサートに集まったロマノフの人々は皆、ドミトリーの関与を囁いていました。皆が見離した皇后をも支え続けてきた、心優しいパーヴェルはどんな思いで聞いたことでしょう。
そしてこのとき、事件に関する電話をとったウラディーミルは、「やったぞ!これでもっと自由に息ができる」と浮かれていました。
正統なロマノフではない彼のこと、異母兄ドミトリーの葛藤は知り得なかったでしょう。しかし未来は皮肉なのです。


ドミトリーの異母弟 ウラディミル

皇后はドミトリーに憤り、絞首刑やシベリア送りを要求しました。一方で、皇帝のもとにはロマノフ家の皆の減刑請願の署名も届けられました。
皇帝は意外と過酷な処罰をドミトリーに与えます。ドミトリーは苛烈なペルシャの前線に送られました。フェリックスは首都から離れて僻地に幽閉されることになりました。
ラスプーチンは皇帝一家の手によって、宮廷内の片隅にひっそりと埋葬されました。そのときに、皇太子は父に、ストルイピン(暗殺された政治家)が殺されたときは暗殺者を死刑にしたのに、なぜ今回はそうしないのかと言って、泣いて抗議したといいます。この件でニコライは、皇帝として父として、引き裂かれるような思いで判断を下さねばならなかったことでしょう。心配された皇后の精神状態は、彼女の強いプライドで、必死に耐えて保っていました。

レクセイのこうした反応に、この家族にとってのラスプーチンの存在の大きさが知れます。アレクセイにとっては血縁者のドミトリーは家族のように一緒に過ごしてきていて別居してからも軍で共に過ごしています。しかしラスプーチンは何度も彼を病の痛みから解放し、ベッドの脇で楽しい物語を聞かせ、母にも尊重されている様子を近くで見ていました。
ラスプーチンもドミトリーを敵視し、宮殿から出て行ったあとはせいせいしたようで、アレクセイや姉たちに「大公(ドミトリー)と握手したら、すぐによく手を洗いましょうね」(すなわち、同性愛者だから病気がうつるというような中傷ですが、)などと言って悪い印象を植え付けてもいたようです。ニコライはラスプーチンとも親しかったのですが、慎重に距離をとって接していました。ただし皇后が執拗に結び付けようとするのを拒絶しきれなかったのです



テヘランで

しかし、この翌年、この事件からほんの数ヶ月ののちに二月革命が勃発、ロシアにいたロマノフ家の者は皆、拘束され、やがて惨殺されるのです。
遠くの戦線に送られたドミトリーと、首都から離れていたフェリックスはそのために生き残ることができました。
逆にドミトリーのために嘆願書にサインしてくれたロマノフ家の者たちが惨殺されたのです。のちにドミトリーにはこのことは重くのしかかりました。
上官の配慮により、ベルシャの戦地から抜け出して、ドミトリーはイギリスへ、そしてその後アメリカへ亡命します。

実は、フェリックスが著作に書かなかったが類推されることとして、ラスプーチンをおびき寄せるために彼はその色欲を利用しただろうと考えられています。それはパーヴェルの従兄弟の歴史家ニコライ・ミハイロヴィッチ・ロマノフも確信していました。
ラスプーチンは信者へ秘儀として性欲を刺激する術を多用しましたが、おそらくそこにつけ込んでフェリックスは彼を惹き込み、手なづけて操れるようにしたのではないかと。催眠術をかける側のラスプーチンが、フェリックスの術にかけられた、、。
毒殺が失敗した段階で、2時間も怪しまれないで相手ができたのは、フェリックスがその間、〈そういう〉相手をして注意を引きつけたからであると。
フェリックスはかつて、からかいのつもりで女装してラスプーチンを誘い、嘲笑してラスプーチンに平手打ちされたことがありました。農民の身分の者が貴族を叩いたとなればその場で射殺でも問題ないのですが、それをしなかったし訴えることもしなかったのはフェリックス側に不利になる際どい状況下だったからではと言われています。
そんな苦い思い出があるにもかかわらず、再びラスプーチンに接近し、一肌も二肌も脱いで暗殺を遂行したのは、真にドミトリーへの友情によるものと思われます。
フェリックスの愛の深さにあらためて感動しました。




また、中庭の射撃の場面で、あとに2発を撃ったのは実はドミトリーだろうとも考えられています。先の2発と、後の2発は射撃の腕の精度が明らかに違う。
中庭の異変に気づき、駆けつけたドミトリーが近衛兵の腕によって射殺した。秘密警察によって調べ上げたニコライ皇帝にはお見通しでした。

この事件により、皇帝一家はラスプーチンを失い、もはや皇太子が発病しても癒す術がなくなったことになります。そして、もうひとつ失ったもの、それはドミトリーです。皇帝も、そして長女オリガも落胆したことでしょう。
華やかな騎乗のドミトリーの姿がもう見られなくなり、近衛兵たちも寂しく思ったのでした。




4.ドミトリーの後半生

ドミトリーの華やかな容姿はどの国に行っても社交界の華となりました。そしてたくさんの恋人。ココ・シャネルもその一人です。〈シャネル5番〉の誕生は、ドミトリーがサンクトペテルブルクの宮廷でかつて活躍していたロシアの調香師をシャネルに紹介したことに始まります。


ココ・シャネルと


シャネルの数多い愛人の一人であった

一方、社交界の花形ドミトリーはそもそもが宮廷人のため、勤労生活などはできず、再婚後の姉マリアの事業からの援助で暮らしていました。(一時期、姉の会社の手伝いでシャンパンのセールスをしたこともあるそうです)

姉と


のちにアメリカに渡って、大富豪の女性エメリーと結婚し、息子も生まれますが11年で離婚。
その後、慢性の結核でスイスの療養所でひっそりと亡くなりました。
その死を看取った人はいなかったそうです。


妻と息子はロマノフではなくイリィンスキーを名乗る 名前の由来はドミトリーの居住地イリィンスコエから
息子にはロマノフの資産を相続する権利があるものの権利放棄したようである


その後ユスーポフとはどうなったのか。
戦後、二人はパリで再会、ロシアの未来について話し合いますが、帝政復興を望むユスーポフに対し、もはや現実的ではないとドミトリー、意見の衝突から心が離れ、それから会うことはなくなりました。ユスーポフは1967年に亡くなります。


ユスーポフと妻イリナ

晩年のフェリックス・ユスーポフ



事件直後、ペルシャからドミトリーがフェリックスに宛てた手紙にはこうあります。

「僕の大切な、愛すべき忠実な友よ」

「僕は極端に走ることを恐れずに『僕の最も大切な友よ』ということができる」


彼らはラスプーチン暗殺のあと、皇后を修道院に送り、皇帝を退位させ皇太子を即位させることを考えていました。
ドミトリーが厳罰により首都にいなくなれば、そのあとを他のロマノフでは誰も実行できません。そのあとを行ったのは平民による臨時政府と、その後の革命政府です。

もちろん、最終的にはもう少し違った筋書きで、
つまり全てのロマノフを殺害するという計画で、、、。













ドミトリはとても魅力的な人柄で、ハンサムでプレイボーイ、生活能力はなく姉に生活費をもらう(ヒモ?)という、なかなか余人には真似のできない方だったようです。
8頭身の長身で、乗馬はオリンピック出場レベル、実戦でも馬で前線を駆け回り、負傷兵を馬に担ぎ上げ命を救う活躍もしていました。
大公という華々しい身分に最も似つかわしく思われます。
写真や動画から人物像が思い描けそうなものを上げてみます。


皇帝にラケットを突き立てているドミトリ
中央は皇后の兄ヘッセン大公エルニー


普通の集合写真と思いきや1人横になって写っているドミトリ

マリアに何を?

怖すぎる変顔

なんとなくたらたら(中央)

柵の上に乗ってご満悦の様子 周囲に皇帝、皇太子、皇女ら

"Secret Dmitri Club"
ここに一緒に写っているのは皇帝の弟ミハイル大公の妻ブラソヴァ夫人。1911~1912年頃、ドミトリは夫人に手を出します。度々訪れるドミトリを見たブラソヴァ夫人の前々夫の娘(当時10歳頃)はかっこいいドミトリに一目惚れ!友人数人とSecret Dmitri Clubを結成し、交換日記のようなものを始めます。秘密だったのに母に見つかり、冗談めかして母がドミトリに、本人の面前でばらしてしまいました。仕方なく彼女はクラブを解散し、日記にドミトリを主人公にした物語を綴っていきます。王子ドミトリが自分を救いに来てくれるシンデレラストーリー‥。もちろん、本物のドミトリは彼女ではなく彼女の母を求めて来ていることは、幼さゆえ気がつかずに。




2016/12/27追記

ROYAL RUSSIA NEWS. THE ROMANOV DYNASTY & THEIR LEGACY, MONARCHY, HISTORY OF IMPERIAL & HOLY RUSSIA











画像は感謝してお借りしました
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロシア最後の皇帝 ニコライ2世 | トップ | ロマノフとともに殺害 ウラデ... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
リンク貼らせていただきました (happy)
2016-12-27 01:02:14
初めまして。

歴史上の人物について詳しく書いておられてついつい
読みふけってしまいました。

わたしのブログにリンクを貼らせていただきましたのでご報告いたします。

もし リンクを解除した方がいい場合はお手数ですが コメントにておしらせいただけますでしょうか。
Re:リンク貼らせていただきました (geradeaus170718)
2016-12-27 01:11:45
こんばんは。
お知らせいただきありがとうございます。
今日はなぜかドミトリの記事へのアクセスが多い、と先ほどから思っていたところでした。
多くの方に読んでいただけるのは、恥ずかしくもありますが、大変嬉しく思います。
残念ながら、私の方からリンク元にたどりつけませんので、できましたらどちらでご紹介いただいているのか、教えていただきたく、お願いいたします。
Re:Re:リンク貼らせていただきました (geradeaus170718)
2016-12-27 08:19:48
失礼いたしました!
リンク元にアクセスできました
記事も読ませていただきました。
ありがとうございます。
とくに訂正は不用かと思いますが、
文中の「イレーネ」は、実在では「エリザベータ」と思われます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。