ゴンタと~さんの「ゴロゴロしてます」

単身赴任になりました。家族のきずなって程ではないですが、気になる出来事を書いてみちゃいます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

いたずら?

2012年07月07日 | お出かけ
昨日は風も強かった 朝歩いていると ここは交番 確かに相談無料だねぇ . . . 本文を読む
コメント (1)

名古屋行ってきた

2012年05月21日 | お出かけ
大阪とは雰囲気違います なんか隙なく綺麗な方が多いねえ 地域差感じたよ . . . 本文を読む
コメント (2)

おまけ:タケノコ沢山

2012年05月06日 | その他
GWはタケノコの季節でもあります。 この時期になると、か~さんはタケノコ掘りに大忙しなのです。 そして、取った分は料理するのですが。。。。。 タケノコ料理ってそんなにバリエーションないですよね。。。。 今年のGWに作ったのは ・普通の煮物:しょうゆ味の煮物です ・混ぜご飯:タケノコ・きのこを甘辛く煮込んでご飯と混ぜます ・チリソース風:水にしたタケノコを豆板醤とケチャップで炒めます ・ポ . . . 本文を読む
コメント (2)

今年のGW

2012年05月06日 | お出かけ
今年のゴールデンウィークも終わっちまいました 毎年恒例で、か~さんに我侭聞いてもらってましたよ その1  農作業したよ~  といっても、トラクターで耕しただけ その2  恒例の駒の尾山&後山へいってきたよ~ 登山開始のNo.4くん まだ元気ですねぇ そして、テクテクと駒の尾山に向かいます。 ここまで、50分くらいですかねぇ? 今年は、登山道に雪が無くて登りやすかったですよ~ 駒の . . . 本文を読む
コメント

お花見

2012年04月15日 | お出かけ
今年は花見の機会が無いかと思っていましたが、土曜日に家族と出かけられました。 朝から筍の混ぜご飯(と~さんの実家では、こんな言いかたするのです)を作っていってきました。 場所は、津山市(旧勝北町)にあるい塩手池というところです。 なかなか、よいスポットなのですよ。 我が家は、車椅子の爺さんがいるので、なかなか花見スポットにいけないのですが、ここならば駐車場も近いし、Goodなのです。 . . . 本文を読む
コメント

サクラサク

2012年04月08日 | 単身赴任暮らし
昨日は山間部で雪が降っていたのですが、ちゃんと春は春です。 と~さんの単身赴任先は桜の名所が近くて、少し歩くと写真のようなお花見場所になります。 今日は、沢山の人手でした。 まぁ、花見客の横を散歩しただけなんですが、綺麗でしたよ~ 今週末かえると、自宅近辺でも花見できるかな? . . . 本文を読む
コメント

春の気配

2012年03月20日 | 単身赴任暮らし
今年の冬は、長くて寒い お彼岸なので、とりあえず一泊で自宅に帰ってきましたが。。。。。 移動した、月曜の夜は高速道路の温度表示が「0℃」。。。。。。 寒いがな ただ、寒い岡山県北にも、ようやく春の気配がありました。 自宅の裏庭では、梅の花 まだ、三分咲きくらいですねぇ No.4君と出かけた先では小さなタンポポ 家に居るとウグイスを含めた小鳥の声が沢山聞こえ始めました。 そして . . . 本文を読む
コメント (2)

大相撲

2012年03月18日 | お出かけ
先日、機会をいただいて大相撲春場所に行ってきました。 色々問題があったのですが、場所開催できて喜んでおられる方も多いですねぇ。 今まで興味を持ってみていなかったので、まったくの素人なのですが、直接見ると迫力ありました。 実際、「見に行こうと思ったことすらなかった」というのが、事実でした。 力士の表情を含めて、かなり興味深かったです。 こんな感じのものが、目の前で繰り広げられるって . . . 本文を読む
コメント

北陸へ

2012年03月04日 | お出かけ
週末は所要で富山県に行ってきました。 行き先は「氷見市」(このあたり)でした。 氷見市は、うどんとかブリとかが有名ですねぇ。 ちなみに、北陸ってだけで雪が多いわけではないみたいです。 (実際に雪は殆ど残ってませんでした) ただし、見たこと無い看板もありました。 降るときには、大量に降るらしい。。。。。 そして、街中で目立ったのは、藤子不二雄Aさんのイラストとか、オブジェでした。 氷 . . . 本文を読む
コメント

新年あけました

2012年01月03日 | その他
新しい年になりました。 今年はどんな年になるんでしょうかねぇ 少しずつ、少しずつ 何かを変えていけるようになりたいですねぇ まぁ、無理はしないで でも、何が必要かを考えて進みますかねぇ。。。。。。 今年もよろしくお願いしますね . . . 本文を読む
コメント (2)