ジオベスト

環境にやさしい、人にやさしい環境配慮型商品や土系舗装のことが満載。

梅雨明け宣言とジオベスト土舗装

2017-07-23 05:15:55 | うんちく・小ネタ
7月19日、中国地方が梅雨明けしたとみられると発表されました。今年も不安定な天気が続き、局地的な豪雨がありました。特に九州北部の記録的な豪雨は多くの被害をもたらせました。広島でも集中豪雨の影響で避難を余儀なくされた多くの方がおられます。梅雨明け宣言の発表は夏到来を告げるので少しほっとしています。
写真は広島市中央公園の芝生広場ゾーンと呼ばれている部分です。広島中央公園は約44ヘクタールあり、そのうちの一部になります。緑豊かな公園です。


この芝生広場の園路にジオベストで施工された土舗装があります。今年5月中旬に工事が行われたばかりなので、集中豪雨の影響を受けてないか見てきました。ジオベスト土舗装の硬化は酸化マグネシウムの反応に比例するので、一気に固くなるわけではなく、放物線を描くように徐々に硬化していきます。
よって、梅雨期がちょうどその硬化時期にあたるため、集中豪雨の被害が一番気掛かりでしたが、ほとんど影響はありませんでした。

そのあと、広島中央公園隣にある広島城へ向いました。広島城は、原爆被害により、石垣を残して全て失われています。よって、写真の表御門は、1989年に再建されたものです。

下の写真は、表御門から入ったところで二の丸です。
右側が平櫓、多門櫓、太鼓櫓の長い櫓で約63mあります。

本丸に入ると、左手に広島護国神社があり、さらに本丸上段に進むと、目の前に広島大本営跡があります。つまり、広島が臨時の首都の機能を持った時代があったというわけです。

そこから左方向を向くと、広島城天守閣が見えます。天守閣は1958年に再建されました。そして、2010年2月、天守閣の前の広場をジオベストで土舗装が行なわれました。2016年の広島城への入場者数は、33万3187人です。現在は、年間40万人が訪れる観光地になっているため、土舗装も7年半の経過でかなり老朽化しています。

■景観にマッチする土舗装固化材「ジオベスト」のお問合せは、
シオサプライ合同会社 http://www.geosupply.jp/
広島082-299-0681 神戸078-843-2561 名古屋052-766-6419 福岡092-518-3537
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジオベストの透水性 | トップ | 施工から1年7ヶ月後のジオベ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

うんちく・小ネタ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。