ジオベスト

環境にやさしい、人にやさしい環境配慮型商品や土系舗装のことが満載。

施工から1年7ヶ月後のジオベスト土舗装

2017-07-25 02:20:07 | 日記
時々、施工後の経年変化を把握するために、ジオベストを使用した土舗装の現場へ出かけております。
全ての場所を見るというわけにはいかないので、限られた場所だけになりますが、その場合の留意点は、主に下の4つです。
・土が流失してないか?
・急激な集中豪雨で水ミチが出来てないか?
・乾燥によるヒビ割れやクラックが起きているところはないか?
・雑草が生えてないか?
といった耐久性に関するものや防草をチェックしています。
この定期的な観察によって、経年変化を知るとともに、次の施工に活かすことが出来ます。
特に、下の写真のような急な坂道の場合、集中豪雨で表面を流れる雨水によって、水ミチが出来てないかを観察します。

ジオベスト土舗装は、住宅地の近くでも、成分、pH値についてヒメダカ急性毒性試験、ラット試験を行い、安全性が確認されていますので、安心です。


ジオベスト土舗装は、歩行者に対して安全で快適な歩行性を確保すると共に、親しみ、潤いあるいは躍動感等を感じさせるアメニティを与えることができます。

土の風合いを活かした高い景観性がジオベスト土舗装の大きな特長です。

ジオベスト土舗装では、目地を入れる必要がないので、目地から雑草が生えるということがありません。これは防草の大きなメリットです。


片側が山になっているところは、雨水の流入による影響はないかをチェックします。山側からの大量の雨水の流入は、土の流失と水ミチによる破壊に繋がるからです。


ジオベストは、セメントを使わない酸化マグネシウムを主成分とした固化材です。重金属溶出の心配や強アルカリによる環境への負荷がないので、人体・植物・昆虫への負担がありません。

雑草が生えないのは、土に含む養分(窒素・リン・カリウム)を不溶化することで雑草の発芽を抑えることができます。

■景観にマッチする土舗装固化材「ジオベスト」のお問合せは、
シオサプライ合同会社 http://www.geosupply.jp/
広島082-299-0681 神戸078-843-2561 名古屋052-766-6419 福岡092-518-3537


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 梅雨明け宣言とジオベスト土舗装 | トップ | 古墳の構造と排水溝 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。