「大崎事件」再審決定か 目的のために手段を取り違えてはならない

2017-07-06 18:53:12 | 政治・国防・外交・経済

◆「大崎事件」再審決定か 目的のために手段を取り違えてはならない

1979年に鹿児島県大崎町で起こった「大崎事件」で、殺人罪などの罪に問われ、服役していた原口アヤ子さん(90歳)が、裁判のやり直しを求めた3度目の再審請求に対し、鹿児島地裁がこのほど、再審を認めた。

これに対して、鹿児島地検は即時抗告。福岡高裁宮崎支部が、裁判をやり直すかどうかを改めて判断する。


◎大崎事件とは

大崎事件とは、当時42歳だった中村邦夫さんが殺害された事件。今回再審を要求した原口さんは、中村さんの義理の姉にあたる。

(続きは以下のURLより)
http://the-liberty.com/article.php?item_id=13221

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ◆「クリエイティブでプロダク... | トップ | 都市開発の新しいフロンティ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む