横浜地球物理学研究所

YOKOHAMA GEOPHYSICS RESEARCH LABORATORY
地震予知・地震予測の検証など

村井俊治氏らの『MEGA地震予測』は、デタラメだらけ

2016年08月01日 | 地震予知研究(村井俊治氏・JESEA)
電子基準点のデータを使い、『週刊MEGA地震予測』および『nexi地震予測』という有料の地震予測サービスを行っている、東京大学名誉教授の村井俊治氏(JESEA・地震科学探査機構)という方がいます。 2016年8月1日発売の『週刊ポスト』では、南関東に大地震が起きると警告しています。

  MEGA地震予測 南関東が初の最高警戒レベル5へ(週刊ポスト)
  http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160801-00000005-pseven-soci


この記事のなかで、村井俊治氏らは、南関東が危険だと予測する根拠として、以下のように言っています。

(1)6月後半から伊豆半島、伊豆諸島を中心に天城湯ヶ島7.08センチ、三宅8.59センチと、7センチを超える大きな変動が続いている

(2)長期的な隆起・沈降のデータでも伊豆諸島の三宅島が隆起している一方、近くの式根島と神津島は沈降し、その高低差は拡大を続けている。境目には相当な歪みが溜まっている

(3)「水平方向の動き」でも、伊豆諸島の大島、三宅島、御蔵島、八丈島、青ヶ島などがそれぞれ別々の方向に動いており、複数の場所で歪みが蓄積されている


…しかしながら、これらの主張は、まったくのデタラメです。このようなデタラメによる地震予測を信じないようにご注意下さい。以下に説明します。



 ■ ただのノイズを地殻変動だと勘違いしている(偽っている)

上記した(1)で、村井氏は「天城湯ヶ島7.08センチ、三宅8.59センチと、7センチを超える大きな変動」と言っています。では、実際のデータを見てみましょう。天城湯ヶ島の電子基準点の座標値(高さ方向)の変動です(出典:国土地理院)。

  

村井俊治氏は、赤矢印で示した値の上下を「異常」と指摘していますが、まずこんなのはいつものことなのです。青矢印で示しましたが、昨年も同じような(むしろもっと大きな)変動があったことが分かります。昨年、この変動のあとで、南関東で大地震が起きましたか? 起きてませんよね?

このような短期的な高さ方向の変動は、ただのノイズです。GPSに代表されるGNSS測位では、高さ方向は大きな誤差が残ってしまうのです。大気中の水蒸気量などの影響で、数センチの値の乱れは日常茶飯事です。村井氏は、このようなノイズ変動を取り上げて、「地殻変動だ」「地震の前兆だ」と騒いでいるに過ぎません。実に低レベルです。

このグラフで見られる変動が実際に起こったとすると、ある日に地面が急に4センチも沈降し、次の日には8センチも急上昇したことになります。そんな変動があれば、すでに大地震が起きているはずです。地震も何も起こさずにこのような変動が起きたという荒唐無稽な彼らの主張は、信じないようにしましょう。



 ■ 三宅島の地殻変動についても総合的な判断ができていない

また、上記(2)では、村井氏は「三宅島が隆起しているが、隣の式根島と神津島は沈降していて、歪みが溜まっているので大地震が起きる」と言っています。

ですが、これは三宅島に前々から見られている、火山活動に起因する地殻変動の結果にすぎません。詳しくは、三宅島についての気象庁の資料をご覧ください。

「三宅島の火山活動解説資料(平成 28 年6月)」気象庁(PDF)
http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/STOCK/monthly_v-act_doc/tokyo/16m06/320_16m06.pdf

つまり、三宅火山でマグマの移動によると思われる隆起が、ずっと以前から観測されているというだけなのです。当然、相対的に、周囲の観測点とは高さ方向の差が生じます。ですが、だからと言って、そこで歪みが溜まって大地震が起きると主張するのはナンセンスです。ある火山でマグマが上昇してきて隆起がみられることは、よくあります(噴火に至らないケースも多い)。ですが、そんなとき、ほとんどの場合、その火山のまわりで大地震などは起きません。



 ■ 地殻変動についての知識がまったくない

きわめつけは、上記した(3)です。大島、三宅島、御蔵島、八丈島、青ヶ島が、それぞれ別の方向に動いていると主張されています。ですが、国土地理院のサイトで参照できる、この1年間の地殻変動(水平方向)を見ますと、以下のとおり、そんな事実は全くありません

  

実は、地表面はプレート運動にともなって各点が動いているので、絶対的な基準点というものはありません。便宜上、ある点を固定点として、そこからの相対的な運動をみるしかないのです。以上の図は、福井県の越前を固定点にとったものですが、固定点を適当にとれば、任意の各点が別方向に動いているように見せることができるのです。村井氏らは、おそらく国土地理院から取得した数字をそのまま使って、たまたま伊豆諸島の各点がバラバラに動いているように見えたのでしょう。プレート運動による動きをより現実に即して見られるよう、海溝から遠い固定点をとれば、上図のように伊豆諸島の各点は同じ方向に動いています。

いずれにしても、「大島、三宅島、御蔵島、八丈島、青ヶ島が、それぞれ別の方向に動いている」という主張は噴飯ものであり、地殻変動の観測についての知識を、彼らが全く持ち合わせていないことを如実に表しています


 ■

…以上のとおり、村井俊治氏らJESEAによる『週刊MEGA地震予測』は、とても科学的に正しい内容であるとは言えない、ハッキリ言って低レベルの子供騙しのような代物です。このような情報を、真に受けないでください。伊豆半島や伊豆諸島が、特別に危険であると言う事実はありません。もちろん、日本中どの場所にも地震の危険がありますので注意は必要ですが、そうした認識を持ったうえで、伊豆方面にも伊豆諸島にも気にせず出掛けて頂きたいと思います。

最後に、村井氏らの『週刊MEGA地震予測』は、今年4月の熊本地震を全く予測できなかったことも、付け加えておきます。
村井俊治・東大名誉教授は、2016年熊本地震(最大震度7)を、全く予測できませんでした



コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

2016年7月27日 23時47分頃 茨城県北部を震源地とする地震

2016年07月28日 | 地震情報
2016年7月27日(水) 23時47分頃、茨城県北部を震源地とする地震(速報M5.4)が発生しました。

震源の深さは約57km、日立市役所と常陸太田市金井町で震度5弱を観測しています。


(気象庁地震情報)


 ■

発震機構は、おおむね東西に圧力軸を持つ逆断層型のようです。


    (気象庁HPの図より作成)


発震機構と震源位置から推定して、沈み込む太平洋プレートの上面で起きた、プレート境界型地震だと思われます。


 ■

今回の震源、東海村~ひたちなか市あたりの地下50~60kmは、以前より地震が多い場所のようです。2011年の東北地方太平洋沖地震の後に特に数が増えており、今回もその余震活動の一環と考えて良いかも知れません。


(気象庁DB検索結果)

ほぼ同じ位置、同じ深さで、2012年3月1日にはM5.3(東海村で震度5弱)が起きています。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

地震解析ラボは、熊本地震を予測できていたのか?

2016年07月14日 | 地震予知研究(早川正士氏・地震解析ラボ)
 
VLF/LF電離層擾乱に基づいて有料地震予測サービスを行っている、「地震解析ラボ」(所長:早川正士・電通大名誉教授)という団体があります(運営会社はインフォメーションシステムズ株式会社)。

当サイトでは以前より、地震解析ラボの地震予測を検証し、有意な予測能力は全くみられないと指摘してきました。しかしながら、彼らは依然として有料地震予測サービスを継続しており、メディアでもしばしば「精度が高い」などと紹介されているようです。

そこで今回は、地震解析ラボが、2016年4月14日に発生した熊本地震(4月16日に本震とされるM7.3、最大震度7)を事前に予測できていたのか、検証してみましょう。


 ■

地震解析ラボの過去の予測実績は、彼らのサイトで公開されています(こちら)。このなかから、熊本地震の発生直前である、4月11日に地震解析ラボが発表していた地震予測を、以下に抜粋します。


     



…いかがでしょうか。北海道東部から千島列島、関東の太平洋側、伊豆諸島から小笠原諸島、伊予灘から日向灘、そして南西諸島に地震予測が出ています。しかし、熊本県は全域が、予測領域から外れていることが分かります。

熊本に近い場所では、伊予灘~豊後水道~日向灘にかけて、青く示された予測領域(識別番号028)が出されていますが、青は予測規模「M5.0前後」(M4.7~M5.3)を意味しており、熊本地震の規模M7.3とは全くかけ離れています。熊本県も全くカバーしていません。

以上から、かなり甘く判断しても、熊本地震は予測失敗したと言うべきでしょう。


 ■

熊本に近い伊予灘から日向灘にかけて地震予測を出していたのだから、「惜しかった」「かすっていた」と擁護される方もおられるかも知れません。

ですが、地震解析ラボは、伊予灘から日向灘にかけては定期的に地震予測を出しており、熊本地震直前のこの時にだけ予測を出していた訳ではない点に、留意が必要です。

熊本地震発生前の1年間で、地震解析ラボは8回、伊予灘から日向灘に地震予測を出しています。それぞれが1週間の予測期間ですので、単純計算で6.5週間のうち1週間の頻度で、この領域に予測を出し続けていた計算になります。

そして、そもそもこの予測領域は熊本県を全く含んでもいないので、熊本地震当日に地震解析ラボが当該領域に予測を出していた事は、評価に値しないと思います。


 ■

以上のとおり、「地震解析ラボは熊本地震を予測できなかった」と結論して良さそうです。ただ、ほぼ日本中に地震予測を出しながら九州だけが完全にノーマークだった、MEGA地震予測に比べれば、近隣の伊予灘~日向灘に予測を出していただけ、評価のガタ落ちを運よく避けられた感があります。

だからと言って「熊本地震を予測できた」などと誇張した宣伝をせず、真摯な自己検証にもとづいた、誠実な研究と事業運営を、地震解析ラボには望みたいと思います。
 
 
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

2016年6月16日 14時21分頃 内浦湾を震源地とする地震

2016年06月16日 | 地震情報
 
2016年6月16日(木)14時21分頃、内浦湾を震源地とする地震(速報値M5.3)が発生しました。

函館市川汲町(旧南茅部町)で震度6弱を観測しています。


(気象庁HP地震情報より)


 ■

発震機構は、西南西→←東北東の圧力軸の逆断層型のようです。震源は、旧南茅部町市街のすぐ沖で、深さ11kmとのことです。


(気象庁HPの図より作成)


 ■

この付近では、過去に大きな被害地震は知られていません。ただし、旧南茅部町付近の一帯からすぐ沖にかけては、小さな浅い地震がこれまでも比較的多くあったようです。

この地震の5時間前、9:05と9:13に、前震とみられる2回の有感地震があったことが興味深いです。


 ■

こうした浅めの地震は余震が多いことが普通で、今後もしばらくは余震が予想されます。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

長尾年恭・東海大教授ら地下気象研究所(DuMA)の地震予知について

2016年06月07日 | 地震予知研究(その他)
 
地震予知の研究で有名な研究者に、長尾年恭・東海大教授という方がおられます。長尾年恭教授らは、地下気象研究所(DuMA)という大学発ベンチャー企業を立ち上げ、有料の地震予知サービスを行っています。

彼らの主な予知手法は「地下天気図」というもので、「地震活動が普段より静穏化している領域は、静穏化が終わった直後に大きな地震が起きる」という仮説に基づいたものです。長尾年恭氏らDuMAは、この「地下天気図」を有料メルマガで配信しています(http://www.mag2.com/m/0001672594.html)。

では、この長尾教授による「地下天気図」、どのくらいの精度で地震を予知できているのでしょうか。以下に、彼らが「地下天気図」を配信し始めてからの地震予知を、検証してみます。


 ■

まずは、今年2016/4/14の熊本地震(本震は4/16のM7.3)の直前である、4/10の「地下天気図」です。青い領域が地震活動が静穏化している領域であり、大きな地震が起きる危険があると言います。

  

…ご覧のとおり、熊本を含む九州は全く異常がありません。これより前に発表された地下天気図でも、熊本に静穏化領域は全くなく、長尾教授らは熊本の「く」の字も言い当てることはできませんでした。つまり、熊本地震は全く予測できなかったということです。また、5/16には茨城県南部を震源とする最大震度5弱の地震が発生しましたが、茨城県もこの図では真っ白であり、予測できていないことが分かります。

(※7/22後記)
長尾教授はテレビなどのメディアに頻繁に登場し、「熊本地震を予知していた」と主張して、以下の「地下天気図」(2015年9月16日のもの)を紹介しています。



…しかし、これはあくまで、九州大学が福岡での地震の危険についてのコメントを出したことを受けて出したものであり、長尾教授が「日本のうち九州で特に危険があることを見つけた」という趣旨で出したものではありません。それに、佐賀と鹿児島には確かに異常が認められるものの、肝心の熊本や大分は明らかに真っ白です。

さらに、このときに長尾教授が出したコメント(2016年3月24日のニュースレター)には、次のようにハッキリ書いてあり、大きな被害を出した熊本地震M7.3を予測できていたとは、到底言えません。

「予想されるマグニチュードは7ではなく、6クラスの地震で、きちんとした建物であれば、倒壊する可能性はほぼありません



 ■

次に、今年2016/1/14に発生した浦河沖の地震(M6.7、6箇所で最大震度5弱)の直前に発行された「地下天気図」はどうでしょうか。

  

…北海道の空知から日高にかけての内陸部に青い領域がみられますが、浦河沖の海域は全く異常が出ていません。これも予測失敗です。


 ■

さらに、2014/11/22に発生した長野県北部の地震(神城断層地震M6.7、最大震度6弱)の直前に発表された、2014/11/10の「地下天気図」を見てみましょう。

  


…長野県は全くノーマーク。神城断層地震も完全に予知失敗です。


 ■

以上のように、長尾年恭教授らDuMAによる「地下天気図」による地震予知は、これまでのところ、大きな地震を言い当てた的中実績が、全くありません。特に、熊本地震や神城断層地震など被害が大きかった大地震を、欠片も予知できていないのですから、この地震予知を信頼すべき理由はないと言えます。ほぼデタラメと言って良いでしょう。

精度もさることながら、彼らの最も大きな問題だと思うのは、こうして大きな地震を予測し損なった直後に発行されたレターで、それを反省・釈明する様子が全くみられないことです。定期的に「地下天気図」を公表し、地震予知を発表しておきながら、予知の失敗に何も触れず、精度の低さを隠蔽しています。このような態度は、たとえば早川正士・電通大名誉教授の「地震解析ラボ」や、村井俊治・東大名誉教授の「地震科学探査機構JESEA」と、全く同じです。本当に残念です。

ぜひ長尾年恭教授らには、自らの予知実績を客観的に検証する、真摯な(研究者としては当たり前であるはずの)態度に改めて頂きますよう、強く希望します。

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加