どっちかっていうと暇なんですけど

あれこれ話したいことをつれづれに書きます。
ドラマの感想が主になっています。ネタバレ有ですのでご注意下さい。

犯罪症候群 第2回 かなり良おもしろくなった

2017-04-21 00:51:23 | ドラマ
前回は主人公武藤の深刻過ぎる演技が気になったのと、いきなり警察外の捜査を元刑事に依頼するのが不自然に感じられて今一つだったが、今回は事件が展開して行って、無理なく犯人(に近いところ)に行きついたので見入ってしまった。
(相変わらず玉山鉄二さんは深刻顔だよね… 整いすぎてるのかもね)

小口誘拐で娘が戻って来た人で唯一警察に通報した家族に何とか協力してもらえることになった武藤。
身代金500万円は小口だけど決して安くはないのをヒントに、家族の事情を知る人物が誘拐犯ではないかとあたりをつける。
すると、子育てブログにちょうど支払う金の工面ができたと書き込んだところだったという。
能天気なお父さんは写真も私生活の話もバンバン書いていたとさ。

ドラマCRISISでは公安の専門家がやっと思いついた写真のGPS情報、ここではあっさり出てきましたね。
お父さんは知らなかったみたいだけど、普通の刑事(元だけど)はちゃんと知ってましたよ。
ブログやSNSは個人情報気をつけないとね。

犯人に好意を持って知らずに誘拐した子供の世話をしていた磯村咲子(ミムラ)は、子供を連れてくる担当の下っ端の態度に不信感を抱き始める。
それを犯人ジーニアス(要潤)が敏感に察知して連絡を絶つ。
磯村はそれでもつながりを探すんだよね。日常が辛いから。
それを武藤が追う。武藤を環が追う。

環って何者なんだろうね。興味が出て来た。
渡部篤郎は得体が知れない人物を上手く演じてると思うが、玉山鉄二の雰囲気とは合わない気がするな。
犯人は要潤でいいとは思うけどもっと若い方が狂気って点では合ってる気がするけどね。

次回、下っ端からジーニアスに辿りつくのか?磯村が恋心で邪魔しそうだね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小さな巨人 第1回 まあまあ... | トップ | 中川議員 「議員以前に人と... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL