どっちかっていうと暇なんですけど

あれこれ話したいことをつれづれに書きます。
ドラマの感想が主になっています。ネタバレ有ですのでご注意下さい。

悦ちゃん~昭和駄目パパ恋物語~

2017-07-16 14:24:48 | ドラマ
昭和10年のほのぼのとした父と娘の話。

娘役の女の子はかわいいね。

ユースケ・サンタマリアは滑舌が悪い。そして、昔は切れ者の作詞家にはあまり見えない。昔からうだつが上がらない感じ。

これからキレを取り戻すのか?

火の粉のドラマは怖かったけど、切れ者な感じではないかな。

戦前の昭和の雰囲気はいいのだけど、やっぱりちょっと古いのでは?

気になったのは、ロケ場所のレコード会社の階段。石の手すりの手前に補助の新しい手すりついてませんでしたか?

今はバリアフリーですからね。手すり必要ですよね。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高台家の人々 第6巻 最終巻 | トップ | 木ドラ25「さぼリーマン甘太朗」 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ドラマ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL