どっちかっていうと暇なんですけど

あれこれ話したいことをつれづれに書きます。
ドラマの感想が主になっています。ネタバレ有ですのでご注意下さい。

嘘の戦争 すごく良かった ネタバレあり

2017-03-15 13:09:11 | ドラマ
最終回の時間拡大のクライマックス… 最後までドキドキさせられた。
前回も仲間に裏切られて証拠を消されて窮地に追い込まれてハラハラさせられたけど、今回は騙し返してラスボスをついに追い詰めた。
会長ってラスボスにふさわしい、本当に絶対謝らない下衆野郎だった… ラスボスが強いと盛り上がる。
楓を人質にしても殺さないだろうと思っていたが、最後に仁科お兄ちゃんが殺しに来た時は思わず『お兄ちゃんやっちゃった」と騙された。
バカなお兄ちゃんの設定だからもしかしたら本当に思い詰めてしまったのかと…
お兄ちゃんあまり頭が良くないけど良い人だから最後に罪を償えて良かった。
浩一はお兄ちゃんも救った。みんな救ったのかな。
最終回は失速したりエピソード回収で終わるドラマも多い中、最終回まで「嘘」の付き合いを見せてくれたドラマでした。
この冬一番だと私は思う。

それにしても大杉連はどうしても悪役というか貫禄ありすぎて、いつ本性を表すのかという余計な心配をさせられた。
(どう見ても若い頃の写真とは違いすぎませんか?)
それも演出の一環なのかな… としたら上手く騙されました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 虚偽答弁というけど | トップ | スリル 赤の章 終わってし... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL