どっちかっていうと暇なんですけど

あれこれ話したいことをつれづれに書きます。
ドラマの感想が主になっています。ネタバレ有ですのでご注意下さい。

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 第6話

2017-05-18 18:49:32 | ドラマ
前回は感動してしまったが、今回もまずまずのストーリーでした。

カルトに潜入した捜査官が必死にテロの情報を知らせてきたのに、上司は無視して捜査官はどうすることもできずにテロに加担してしまった...
上司が無視した理由が、テロを起こさせてカルトを締め付けたり公安の人員を増やせるから、というのはちょっとおざなりかな。
だけど、誰も助けに来てくれない絶望を犯人里見役の山口馬木也は鬼気迫る感じでうまかった。
アクションもあってこのドラマはゲストも大変だよね。
あまり見ない俳優さんだけど結構いいね。

犯人がコンビニの防犯カメラの顏認証で見つかったというスタートだったが、今はまだそういう一般店舗のデータも本当に警察に蓄積されてはいないよね。
超法規的なこんなチームなら、至る所の防犯カメラもハッキング簡単だろうね。
一般人でもセキュリティしっかりしてない町中のパーキングのカメラとか世界中から見放題らしいからね。
上手く犯罪抑止に使われればいいが、プライバシーはほとんどないという事になるし、加工されたら大変な事にもなる。
安全と権力の濫用は紙一重だ。

というわけで、相変わらずアクションはすごいね。
それだけでもいいと思う。
小栗旬はこのドラマはかなりいい。アクションだけでなく屈託ある人間を演じていてはまってる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大阪府警の児童虐待対策室 ... | トップ | マッサージ探偵ジョー 第6回... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL