どっちかっていうと暇なんですけど

あれこれ話したいことをつれづれに書きます。
ドラマの感想が主になっています。ネタバレ有ですのでご注意下さい。

高台家の人々 第6巻 最終巻

2017-07-15 22:01:08 | マンガ
口下手で奥手で、でも本当は心優しい女性のハッピーエンドのお話。

とにかく主人公の妄想がすごい。

口下手な分、頭の中でどんどん物事が連想されて膨らんで行って、とんでもないキャラクターが次々と出てくる。

そのキャラクターがへんちくりんなのに妄想世界にぴったりはまるので爆笑してしまう。

(私のツボは、5巻の金太郎)

でも、このマンガの肝は、主人公の一見冴えない女の子が、テレパスの恋人をそのまま受け入れて行くところ。

陳腐だけど、自分の心を読まれても疚しさとかを感じない純粋さというか素朴さが、擦れたわが身を清めてくれる感じが清々しい。

恋人の弟も妹もそんな相手に巡り合える事を祈って、作者は最終回としたのだと思います。

良いマンガでした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ワイドショーの役割 | トップ | 悦ちゃん~昭和駄目パパ恋物語~ »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL