どっちかっていうと暇なんですけど

あれこれ話したいことをつれづれに書きます。
ドラマの感想が主になっています。ネタバレ有ですのでご注意下さい。

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 第5話 感動してしまった

2017-05-10 23:31:53 | ドラマ
今回はすごく良かった。
潜入捜査捜査の稲見を小栗旬が朴訥にうまく演じていた。
自衛官あがりの風采のあがらない若者として一人のやくざ沢田に近づく。
行き場のないその若者の面倒を見ようとする気のいいやくざ沢田を、杉本哲太が人情味をにじませて好演していた。
この杉本の人物像がなくては後半のカタルシスにつながらなかった。

この潜入捜査自体が理屈に合わないとに疑問を持つ稲見と上司の吉永(田中哲司)だが捜査は続行された。
が、取引中に第3者が現れてやくざは殺されてしまう。
実はこの潜入捜査は政治家の金の流れを隠す為、関係したやくざたちを抹殺するための陽動作戦だった。

気のいい沢田を目の前で殺された稲見の怒りが燃え上がるが何ともできないのか…
政治家も上司も仕方ないと終わりにするのか…
と思いきや、最後に政治家に会心の一撃を与えてすっきり終わった。

今までの回はもやもやして何を言いたいのかわからない展開だったが、ようやくこの回でキャラクターが生きて動いて来た感がある。
それもこれもとにかく脚本次第だね。

いいストーリー展開を毎回期待したい。

それにしても田中哲司はこれも緊急取調室も捜査課の上司役でちょっと混乱するね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小さな巨人 第4回 つまらな... | トップ | 緊急取調室 第3回 やっぱり... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL