どっちかっていうと暇なんですけど

あれこれ話したいことをつれづれに書きます。
ドラマの感想が主になっています。ネタバレ有ですのでご注意下さい。

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 最終回 なんか小さいね

2017-06-14 15:51:21 | ドラマ
アクションがすごかったこのドラマ
今回はいよいよ最終回だったけど、アクション以外何も残らなかったドラマだった気がする。

稲見達の心には国家を守ることへの疑問が常に根底にあって、命令された警備や警護に納得行かない。

で、その国家への復讐したい犯罪者の気持ちがわかるんだけど、国と言う大きな漠然としたことへの復讐じゃなくて、政治家やその息子やらへの復讐しか描かれてないんだよね。

国家の体制への反逆は本当にテロだから描けないのかな?
そうなのか。
だから、個人的な復讐劇に終わらせてるんだね。

でもさ、国家を連呼するならもっと政治的に大局的な事項を持ってきてほしい。
政治家の息子のテロ未遂とか政治家の買春とかじゃなくてね。

ドラマ内容も突っ込みどころありありで残念だった

自衛隊の特殊部隊員が、他のパソコンから取り込んだUSBとかそのまま自分のPCに繋げるか?

総理の息子を安全の為と言って自分たちのぼろ拠点に空港から直で、しかもマスコミ引き連れて行くか?
バイクに紛れてるの丸わかりですよね。

国家を連呼する人たちなのだから、犯人はどうしても殺されるのはわかるよね。

というわけで、良かったのは、やくざの潜入捜査の回だけかな。
国家とか大仰に言わないで、こんな風に警察官?の苦しみを描けばいいのに。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 女性宮家の議論 | トップ | ツバキ文具店 鎌倉代書屋物... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ドラマ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL