どっちかっていうと暇なんですけど

あれこれ話したいことをつれづれに書きます。
ドラマの感想が主になっています。ネタバレ有ですのでご注意下さい。

みをつくし料理帖 第一話 黒木華はそのまま

2017-05-18 21:02:42 | ドラマ
原作を読んでいたので期待して見ました。
まずまずの出だしだったかな。

黒木華は主人公のイメージに合ってた。
特徴のタレ眉毛になってました。
でも小松原は違うよね… もっと大柄で豪胆なはず
他の配役はまあまあ。

初回はいきなり澪がつる家で働いていて料理作ってるので、原作読んでないといきさつがいまいちわからないかもね。
どういう生い立ちなのか、どこに住んでるのかとか、つる家とはどんな関係かとか。
それと、当時は料理人に女性はなれなかったのももっと言わないと澪の働き方が活きないかも。

話は、戻り鰹(猫またぎと言われるほど嫌われてる食材)をおいしく料理したものの誰も客が来ない。
出会った医者の言葉でヒントを得て上手く宣伝して売り切った。
澪の料理と商売の才覚を表しているが、小松原という浪人風の男に基本がないと言われてしまう。
次回はそれをどう克服するのか…

番組の最後に話の中に出て来た料理を再現する場面がおもしろい。
着物姿の澪(黒木)が現代のキッチンで江戸の料理を再現するのが不思議で楽しいね。
原作にも料理の詳細書いてあるから、再現は嬉しいかも。

次回も期待したい。

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マッサージ探偵ジョー 第6回... | トップ | マッサージ探偵ジョー 第7... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL