四方源太郎日記(京都府議会議員・綾部市選挙区)

活気と賑わいのある「綾部市」を目指して!

中丹東土木事務所と市議有志の意見交換会

2017年06月19日 | 政治活動

 9時から綾部小学校に行き、綾小応援団(安積将明会長)今年度第1回目の会議に向けての打ち合わせ会長、事務局長、顧問とで行った。

 綾部小学校明治5年11月8日、明治政府による学制発布により、小学博約館として田町にあった綾部藩の銀札場仮校舎に開校した。

 翌年、本宮村若宮下に移転した後、明治8年10月上野町の九鬼藩邸(現在の大本長生殿)に置かれ、この校舎で昭和48年まで続いた後、その向かいの現在地に移転している。

 綾部小学校の玄関ロビーには「博約」という扁額が飾られており、これは京都府の二代目知事である槇村正直によって書かれたものであり、明治8年に書かれているので九鬼藩邸に移った際に誰かが頼んで書いてもらったのだろう。

 

 夕方から中丹東土木事務所にお願いして、綾部市議会の民政会、創政会、公明の皆さんに今年度の事業箇所の説明や府の公共事業に関する意見交換をしてもらった。

 夜は場所を変えての懇親会を行い、ざっくばらんに意見交換をすることができた。様々な課題を共に解決していく同志として、顔の見える関係づくりをするために大変有意義な会だったと思う。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 父の日の回転焼き | トップ | 代表質問はじまる! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL