久恵流フード(風土)ヒーリング♡クッキングサロン玄水円

特にHSPでお困りの方へ
「魂・身体・心」の調整を食事でしませんか。
そのお手伝いをさせて頂きます。

我が家のおかず色々ご紹介

2017-06-15 | 夏の副菜レシピ

こんにちは

フード(風土)ヒーリングの久恵です

 我が家で 採れたての小松菜を料理しました

シャキシャキして とても 瑞々しい

これだけで 嬉しくなります

根っこが 大地から離れた途端に 酸化を始めますから

意気のよいのが一番 生命エネルギーが高いのです

生命力の高い方が より健康的と言う事ですね

 

 

白ゴマとフノリと 沢庵の柚子醤油和え

蓮根と小松菜のワサビ醤油和え

 

蓮根のフリッターは スライスアーモンドをまぶして 揚げるとチキン風味になります

初夏から 秋まで 端境期で 真っ白な可憐な花を咲かせますね

泥の中にいるのに 汚れはみじんも無い 蓮の花を守るのが

蓮根の節の部分で フィルターの役目をして 汚れの素をカットしてる訳です

このフィルターの効果にあやかり 食養では 蓮根湯で 咳や痰を鎮めます

自然食品店に行くと 蓮根粉が売られているので お湯で溶いて飲むといいです。

草は ほとんどが陰性で 二酸化炭素を吸収して酸素を排出していますが

蓮の葉は、動物に近く陽性で 酸素を吸うらしく 葉を裏返しにしておくと自分で葉を表に返すと言われています

蓮根が酸素を吸うと言う面白い特徴も 呼吸器が弱い 酸素が吸いにくい人に効果がありそうですね。

最近は 咳もしなくなり 粉が余っていたので 天ぷら粉や料理に少し混ぜて 解らないように処理しました。

 

ナスは 雑穀の粉と一緒に 油炒めすると 穀物量が増えてバランスが良いです

紫色で スポンジのように柔らかく 油をたっぷり吸う所から陰性がとても強く

体力の無い人は あまり食べない方が良いのです。

 

今回は高キビ粉を 使用しました

他の野菜でも 試してみてください 火の通りの良い葉野菜やキノコが良いです

 

車麩を 小松菜と一緒に 煮込みました

車麩は 水で戻さずに 乾燥のまま素揚げにしてから鍋に入れて煮こむと 弾力があり、コクが出て美味しくなります

肉じゃが風も この車麩で作ります

久恵。。。

 

 

ジャンル:
食と健康・美容
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 冷たいけど身体を冷やさない... | トップ | 主菜になるインゲンと板麩揚... »
最近の画像もっと見る

夏の副菜レシピ」カテゴリの最新記事