久恵流フード(風土)ヒーリング♡クッキングサロン玄水円

♪・。・。久恵流フード(風土)ヒーリングで宇宙と身体のリズムに合わせて健やかに生きる♪。・。・。

おせちの昆布巻きレシピ

2016-12-28 | 冬の副菜レシピ

こんにちは

フード(風土)ヒーリングの久恵です

クリスマスは いかがでしたか?

私は、ケーキがあれば、それだけで満足です。今年は、藤丸オリジナルのネットショップを利用して購入。

孫のリクエストで、めむろ小林さんのイチゴの生クリームケーキを頂きました。

自分で作ったタルトケーキは、蒸しリンゴが最高に美味しかったです。

あとは、雑穀の稗入り、キャベツのスープで温まりました。隠し味に麦味噌を入れて!


本題の昆布巻のご紹介です

こんぶは、「よろこぶ」で不老長寿とお祝いの縁起物です。

「コブ=子生」と言い、子孫繁栄を願います。

巻物と言う事で 伊達巻同様に 文化の繁栄や 学問成就の意味がありますよ。

シンプルに 醤油だけで煮るレシピですが 今年に入ってからフードヒーリングを始めた方たちは、甘いモノがあんまりたくさん食べられないですよね。

さらに 自然の旨さが美味しく感じますね。余計な調味料が無い方が 素材の旨みを噛みしめます。

北海道では、身欠きにしんを水で戻して巻きますね。此処では、根野菜を芯にして巻きます。

 

 

昆布巻レシピ

材料

昆布 4本

大根 人参 8cm長さ  拍子切り

ゴボウ  2本   丸ごと 8cm長さ

ごま油 小さじ2

干ぴょう 1袋

醤油 大さじ3 と 仕上げ用大さじ1 

 


作り方 

1、昆布は 一晩たっぷりの水に浸けて戻しておく、ザルにあげて水分を拭き取る

2、ゴボウは、泥を洗い 鍋にごま油小さじ2を引いて、温まったらゴボウを入れてじっくり炒り付けて灰汁を飛ばし、甘い香りにする

3、干ぴょうは、水で洗い、塩少々で揉んでおく

4、大根人参は、市松模様になるように 交互において四角くし 昆布の橋から巻いていく

5、巻き終わりを下にして、端の両端を干ぴょうで結ぶ

6、ゴボウも同じく巻いて 結ぶ

7、鍋に 昆布を戻した水をたっぷり入れて、沸かしてからコトコト20分煮る

8、ゴボウが柔らかになったら、醤油を入れてさらに 30分以上煮る

9、だし汁が少なくなってきたら、味をみて 香り付けに醤油を足して整える

 

だし汁1cに対して 醤油は大さじ1~1杯半で 美味しくなります。

どんな煮物でも この基準で作れますよ。もちろん醤油も海の精の醤油です。

私が普段使っているのはこちらです。

ゴボウは、地中深く根を張る陽性食材なので、家がその土地に根付いて安泰になるという、豊作の願いがあるそうです。

人参の赤い色は、寿を表す、丸い形は日の出人参、梅の形は必ず実を結ぶことから縁起物に使われています。

大根は、炭水化物・脂肪・タンパク質の消化を助けるので努めて食べたいですね。

 

他にも 

板麩や油揚げで巻いたり、 

変わり種でパン生地やモチキビ生地で巻いたゴボウも美味しいですよ。

その時はあらかじめゴボウに味付ておきます。 

たくさん作って パン粉をつけて揚げたり、薄く切って串に刺したりと、色々楽しめます。

 

久恵。。。

 

 

ジャンル:
食と健康・美容
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 頑固な便秘・盲腸炎にもゴボ... | トップ | 玄米クリームの使い方 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む