久恵流フード(風土)ヒーリング♡クッキングサロン玄水円

♪・。・。久恵流フード(風土)ヒーリングで宇宙と身体のリズムに合わせて健やかに生きる♪。・。・。

植物性蛋白質の車麩の美味しい使い方

2017-04-04 | 穀物

こんにちは

フード(風土)ヒーリングの久恵です

お肉の代わりに 時々登場しちゃう板麩と車麩です

原料は 国産小麦粉(中力粉)のたんぱく質部分(グルテン)を利用して

焼いて乾燥させたものです。

職人の技術が生かされている伝統製法です

 

 回転率の良いお店で 酸化していない新鮮な食材を選びましょう

買ってきたら 冷暗所で保存し 早めに使い切りましょう

梅雨までに 乾物類は 使い切ってしまい 秋に入って涼しくなってから

乾物類を また登場させましょう。

 

利用の仕方ですが

水で戻すと ビチャッ~と なりすぎて 歯ごたえが無くなり

お肉っぽい食感が残りません。

 

沸かしたお湯の中に 入れて しんなりしたら引き上げて ザルにあげて冷まします

割醤油の中に 漬けこんで置くと 冷蔵庫で1週間持ちます

好みで 卸しニンニクや 卸し生姜 コショウなど入れて

よりお肉っぽい味付けにします

 

から揚げ風にするときに 鶏肉なら片栗粉をまぶしますが

車麩の時(菜食)には  片栗粉を使わずに 本くず粉をまぶして利用します

 

写真の様に 中華炒めの時には くず粉を 車麩の割醤油の中に入れて

炒め煮してとろみや艶を出します

 

これからサヤインゲンが出てきて 美味しいですよね

育ち盛りのお子さんに 食べさせてあげてください

春の成長エネルギーを頂くことで身長が のびてきます

他に 筍の先とか 成長の速い 背の高くなる野菜が良いですよ

 

お肉の毒だし中の人や 陽性体質の方は

酢を入れて 料理をしても良いでしょう。

私は陰性なので 酢は嫌いですけど 主人は大好きです。

キュウリをみると わかめの酢の物を作ってと ねだられます。

美味しいと思う味付けで 作ってみてくださいね。

 

 

久恵。。。

 

 

ジャンル:
食と健康・美容
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 幸せホルモンを出すフードヒ... | トップ | 私の昔を思い出して!食べ過... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む