久恵流フード(風土)ヒーリング♡クッキングサロン玄水円

特にHSPでお困りの方へ
「魂・身体・心」の調整を食事でしませんか。
そのお手伝いをさせて頂きます。

カブと高野豆腐の炒め煮&高野豆腐の薬効と栄養

2016-09-15 | 秋の主菜レシピ

こんにちは

フード(風土)ヒーリングの久恵です

 

フード(風土)ヒーリングでは

お肉など動物性食品は

健康時に たまに皆と食事を共にするお祝い行事などに

たまに食べるご馳走料理として位置付けています

 

栄養学の言う所の 脂質 ・ 糖質 ・ タンパク質の三大栄養を 摂りましょうとか、

30品目摂りましょうとか 脂質を多く摂り カロリーを蓄えましょうとかは 言いません

 

まず 体調を整えたいと 相談された場合に

調味料の質を 生命力の高いモノに 変えて行きましょうと

説明させていただいています

 

 

お肉料理が食べたい人には

ちょっときついですが

香辛料が効いてるだけでグーンと野菜が食べやすくなります

カブと高野豆腐の炒め煮をご紹介します

 

自然食の高野豆腐は 戻さずにそのまま使います

今回は 油を吸わせました 

生姜・長ネギを入れて炒めて

カブ(大根)とヒタヒタの水 塩を入れて

コトコト煮ます

 

 

 高野豆腐の栄養

エネルギー529kcal
水分8.1g
たんぱく質49.4g
脂質33.2g
炭水化物5.7g
食物繊維1.8g
カルシウム660mg
マグネシウム120mg
リン880mg
カリウム30mg
鉄6.8mg
亜鉛5.2mg
ビタミンE(αトコフェロール)2.0mg
ビタミンB2 0.01mg
ビタミンB6 0.02mg
ナイアシンTr mg
葉酸5mg
パントテン酸0.07mg
※Tr:含まれているが、最小記載量に達していない。

 

乾燥させて水分を取った高野豆腐は栄養が凝縮されています

日に干してるから太陽のエネルギーをもらい身体の芯から温めてくれます 

      高野豆腐      木綿豆腐
カルシウム  660mg    360mg
マグネシウム  120mg   93mg
鉄      6.8mg       2.7mg  
亜鉛      5.2mg    1.8mg
ビタミンK   60μg      39μg
ビタミンB1   0mg     0.21mg
ビタミンB2   0mg     0.09mg
葉酸       5μg      36μg
リン      880mg    110mg
食物繊維     1.8g     1.2g

 

アミノ酸がいっぱいあり サーロインの2倍も!!

植物性からとれる たんぱく質は 身体に負荷がありません

高野豆腐のたんぱく質が 環境ホルモンを排出してくれます

脂質はサーロインと同じ量ですが 不飽和脂肪酸なので コレステロールを減らしてくれます

全く違う働きなので とってもヘルシーです

お肉を食べると 増えてしまいますから 気を付けましょう。

生姜・長ネギの他に ニンニクもお肉っぽい味付けに大活躍します

 

 

久恵。。。

 

 

 

ジャンル:
食と健康・美容
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お勧め植物油について&コー... | トップ | 秋の献立例・青菜のお浸しレシピ »
最近の画像もっと見る

秋の主菜レシピ」カテゴリの最新記事