松本厳誠会

NPO法人日本空手松涛連盟松本厳誠会のブログです。入会は随時受け付けています。お問合せは48-4344【松澤】まで

全国技術講習会

2016-10-17 | 全国技術講習会
◆内閣府認証団体 NPO法人 日本空手松涛連盟松本厳誠会  
  携帯お問合せは090-4153-4215【松澤展明】まで
 メールアドレス m.nobuaki@nifty.com


松本厳誠会初期のホームページもご覧ください
新井三段の手作りでこれがなかなかいいんです
※ブログは充実していますがホームページは古いままで申し訳ありません
ちなみに指導者は日々研鑽していますので、皆さんホームページの段位から昇段していることをお知らせしておきます。
(松澤七段、古畑四段、郷津四段、小林三段、新井三段)


●10月15日(土)16(日)東京総本部で修行してきました
●今回は帝京大学総合武道館空手道場で行われました。


●香川政夫主席師範直伝 最新の技術指導


















■一切手抜きが出来ないよう自分達を追い込みました

今回も、我々3人は最前列ど真ん中に並んで直々に指導をしてもらいました。
本当に厳しかったです。

◆興味深い話
世界空手道連盟(WKF)技術委員会 委員長香川政夫先生曰く
「世界空手道人口の80%は松涛館空手道の実践者、内20%が競技者。残りの80%は空手道愛好家として、それぞれの目的に応じて生涯空手道として実践」
だそうです。
私も還暦を迎えて1年になりますが、世界80%の空手道愛好家の一員として生涯空手道を追求していきたいと思っています。
◆最後に総本部より
10月15日(土)と16日(日)の二日間にわたり、帝京大学空手道部武道場にて、全国技術講習会を開催しました。 初日は、香川政夫首席師範の指導の元、ウォーミングアップから、基本、型、組手までを稽古しました。 初日の最後には、山口指導員より古典型の水手を分解も交えて詳しく教えていただきました。 二日目は、金山指導員の元、空手道のための身体作りトレーニング方法を教わり、最後に組手の審判講習を実施しました。 先生方、二日間おつかれさまでした。 また12月の国際講習会でお会いしましょう!

●以下は道場生の皆さんからのリクエストによりしばらく掲載します
前回のブログで、日本体育大学体操競技部同期会の様子を、ほんの少し掲載したらけっこう評判が良かったのでしばらく掲載しておきます。
先ずは、私が元体操競技の選手であったことに皆さんビックリしたようで、「大学ではリオオリンピック金メダリストの内村航平選手の先輩だ!」と言ったら腰を抜かしていました。
「先生、その体型でほんとに体操やってたんですか?」 失礼なっ!
体操は下手くそでしたが、体型だけは内村航平選手に勝るとも劣らなかったと自負しています。
昔の姿を是非と言われましたので、恥を忍んで若い頃の画像を公開します。指導者の若い頃を見るのもたまにはいいでしょう。
◆この際ですので、テーマに関係なく、とりあえず色々載せてみます。


                        【平成11年1月10日】           
今や恒例となった鏡開きですが、これは松本厳誠会第1回鏡開きのランニング風景です。
氷点下10度の中希望に燃えて、「ワッショイ!わっしょい!!」元気一杯でしたね。



                 【高綱中学校生徒会長】
今現在の生徒会長です。松本厳誠会の稽古を先頭に立って盛り上げてくれています。

◆道場師範の青春時代


                    【長野県体操競技選手権大会】

これが私の三十数年前の青春の一コマです。ついでに、日本体育大学3年生の時に仲間と海水浴に行った時の肉体美?も披露します。

いい写真だねえ~(これ起き抜けで朝飯前なんですが、二日酔いで顔がパンパンに腫れていますね)  
それにしても、こんな写真を撮ってくれた仲間がいたりして、本当に充実した青春時代でした。
友人に恵まれました。ありがとうございますのひと言です。

日本体育大学体操競技館(H.28.8.8)



苦楽を共にした、絆の深い我々同期生はこのように2年に一度集まり、夜は大宴会で旧交をあたためます。
こう見えて、皆さん往年の名選手ですよ。(オリンピックメダリストもいますが、さあ誰でしょう?)


         【1995年世界体操競技選手権 鯖江大会(日本初の世界選手権でした)競技役員】
往年の名選手(皆さんオリンピック選手です)との歓談も良き思い出です。



長野冬季オリンピックの競技役員も経験させてもらい、人の輪が大きく広がりました。
1年後にはなんと、この期間に愛を育んだ役員同士の結婚式の仲人までさせてもらいました。

とりあえず、今日はこのくらいにしておきます。

◎松本厳誠会は会員を募集しています。お気軽に見学においでください。


広くて新しい道場で気持ちよく練習できます


この看板が目印です

【中央道松本インターから国道158号線を西に1キロ 島立町区信号の手前右側です】
松本厳誠会は会員を募集しています。お気軽に見学においでください。
                       


★2月5日(木) 鏡開きの様子がイブニング信州で放映されました
赤澤成子さんありがとうございました。

■松本厳誠会の動画(常時掲載しておきますのでご覧ください)
動画が増えていきますが、どれも松本厳誠会の皆さんには見てほしいものばかりです。



松澤成基先輩の
第32回全日本実業団空手道選手権大会団体形決勝


第49回東日本実業団空手道選手権大会団体形決勝(高栄警備)


松澤昌希選手第40回長野県選手権


ストレッチを入念に行った後は、ラダー・マーカー・ミニハードルのトレーニングです

◆驚きの特殊能力
以前にも紹介しましたが、松澤成基先輩は特殊な能力があり、どの会派のどんな形でも、1回、目の前で見たり、或いはビデオ等で見るだけで忠実に再現してしまいます。
郷津先生のたっての希望で、他流派の「三才」は4年前にこの場で演武して以来です。
当然のことながら、練習も一切やったことがなく、常にぶっつけ本番です。30秒ほど瞑目して一連の流れを頭の中で確認すると、大迫力の演武の開始です。

                       松澤成基先輩の三才
成基選手は、小学校3年生の時に松本市総合体育館で行われた、ジュニアクラスの全国大会に出場しました。
高校生の部で玄制流の横瀬選手が「三才」で優勝したのですが、決勝を見ていてこのように覚えてしまいました。
小学校3年生の時の記憶ですから、間違っていると思います。申し訳ありません。それでもこの迫力です。
この当時、縁あって剛柔会の古川哲也先生に「スーパーリンペイ」を直接教えてもらいましたが、今でも忠実に再現します。
他にも、興味深いところでは、沖縄少林系の喜屋武のパッサイ、クーシャンクー小・大、古流チンテイ、チントウ、・・・等々、あげればきりがありません。
年度末の納会ではリクエストに応えて流派を問わず、あらゆる形を見せてくれます。私でさえも常に鳥肌が立つほどの迫力です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高綱中学校生徒会長 市民祭... | トップ | 第28回日本空手松涛連盟長... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。